« 貨車整備 14 急行便ワムフの加工 | トップページ | 貨車整備 16 検証マイクロのタキ »

貨車整備 15 検証急行便

 昨日整備の終わった急行便。カプラの直付けや連結間隔のチェックを行ないました。
Dsc04220


 
 ヤード入口の曲線の連続する区間



 282Rでの連結間隔



 同じ区間を上方からみます。



 推進運転で渡り線を通過します。雑音がありますがクーラーの送風音をひろってしまったものです。異常ではありません。


 視線をレール面まで下げました。ワキ1000とワムフ100の車高があっていないことが判明しました。

 6mmの連結間隔で問題ありませんでした。カプラーを直付けしたワムフ、自然開放もなしで快調に走ってくれました。

 今週はこれまで整備した貨車の検証をしたいと思います。

 ひさしぶりに動画をアップロードしましたが、すっかり手順を忘れてしまい、こんな時間になってしまいました。
 定期的に動画を載せようとおもいます。

 
続く


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 貨車整備 14 急行便ワムフの加工 | トップページ | 貨車整備 16 検証マイクロのタキ »

340 貨車整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49426602

この記事へのトラックバック一覧です: 貨車整備 15 検証急行便:

« 貨車整備 14 急行便ワムフの加工 | トップページ | 貨車整備 16 検証マイクロのタキ »