« 貨車整備 20 ワム80000のウエザリング | トップページ | 貨車整備 22 無蓋車にカバーをかける2 »

貨車整備 21 無蓋車にカバーをかける

Dsc04268
 黒い有蓋車をまとめてウエザリングをしたのですが、作業が雑で、汚らしくなってしまいました。
 どなたでも失敗無くウエザリングできると言った本人がやりすぎてしまいました。
 Nゲージでは車体の一部にウエザリングを施すときは周りとのバランスを崩さないようにしませんと汚いだけになってしまいます。
 このあと、再度ジャーマングレーを吹いて、不自然さを誤魔化しました。

Dsc04269
 さて、今日は、無蓋車にカバーをかけようと思います。

Dsc04272
 カバーはこんな色をしています。

Dsc04271
 カバーはティッシュペーパーを使い、タミヤの缶スプレー、グレーグリーンを吹きました。乾くとコシがでてきて丈夫になりました。

Dsc04273
 さて、無蓋車のカバーについては、昔のTMSに記事がありました。1972年1月号です。

Dsc04274
 記事によれば、シートには「8.2m×4.61mのものと9.7m×4.27mの大小2種類あり、昔は麻地に油引防水のものでしたが、最近はビニロン製のもの、乃至プラスティック加工されたものになりつつ」あったそうです。
 そして、「使い方としては、シートの四隅は妻板側に折り曲げること、貨車記号、車票、握り棒などは覆わないこと、降雨の場合はシートに雨水が溜まらないようシートの掛け方や貨物の積みつけ法に注意する。走行中シートがヒラヒラしないよう、ひもでしばるよう定められていた」とのことです。

 さて、先ほどのシートの大きさをNゲージサイズにしますと、55mm×31mm、65mm×28mmとなります。

Dsc04275
 切り出してみました。

 これをどう被せるのか。
 先ほどの記事に載っていた写真を拾ってみました。
Dsc04279
 まずは全体をシートで覆う一般的な掛け方。

Dsc04278
 製材を積み重ねてシートを掛けた例。

Dsc04277
 珍しいところでは、トラ90000が足りないときに、すのこをめぐらしてパルプ材を積みシートで覆う例もあったそうです。妻側のシートのおりこみ方がよく判ります。

Dsc04276
 妻板が低い場合はこんな掛け方にもなるようです。

 今日は、全体を覆う一般的な掛け方を試してみます。
Dsc04282
 シートの裏側に両面テープを貼ります。両面テープは、妻板のてっぺんの長さ程度に切り出し、シートの長手方向の端に貼り付けます。

Dsc04283
 まず、妻板にシートを貼り付けました。

Dsc04284
 ナンバーの上に両面テープを貼り付けます。ナンバーが隠れないようにシートを貼り付けます。

Dsc04285
 シートの形を整えて、リード線でしばりました。
 この状態で、水性ボンドの水溶液を染み込ませます。固まったらリード線は外します。

 時間の関係で完成状態をお見せできません。


 次回に乞うご期待。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 貨車整備 20 ワム80000のウエザリング | トップページ | 貨車整備 22 無蓋車にカバーをかける2 »

340 貨車整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49545336

この記事へのトラックバック一覧です: 貨車整備 21 無蓋車にカバーをかける:

« 貨車整備 20 ワム80000のウエザリング | トップページ | 貨車整備 22 無蓋車にカバーをかける2 »