« 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 | トップページ | KATO EF15最終形 »

手動前面方向幕 115系東北・高崎線

Dsc04092
 待ちに待った東北・高崎の方向幕。第5弾での登場です。
 第1弾が出たときから面白そうだとは思っていたものの、置き場所に困ることは目に見えていたので、馴染みの路線が登場するまで我慢しておりました。

 裏側もそれらしく作ってあります。
Dsc04093
 実物は、裏側の蓋がもっと大きくて、開けるとハンドルが出てくる構造だったでしょうか。
 前面の方向幕は、1970年代前半までは行先を表示していましたが、その後は常に「普通」の表示で固定されてましたので、車掌さんが動かしている記憶がありません。

 行き先の種類ですが、発売が決まったとき、普通、小金井、長岡は是非、急行や長野原なども入れて欲しいと書きましたが変更はなされず。
 ちょっとがっかりしましたが、手にとって見ると、動かすのが面白い製品で、表示された行先を見て楽しむ模型ではありませんので、そこそこの行き先が入っていれば、それで十分楽しめるものだと思いました。

Dsc04094
 ところで、字幕の間に上下逆さに小さく行き先が書かれています。裏側の小窓から見て確認するためのものなのですが、裏側の窓に表示されたときに、前面はまったく違う表示になってしまいます。

 実車は裏側がななめになっていて、模型とは形状が違いますので、ズレは止むを得ませんが、それなら表示しなくてもよかったかも。


 前面方向幕が出たので、次は側面の電動幕ですが、今のところ通勤車両ばかりですね。

 子供のころ、485系の行き先を半紙に書いて割り箸に撒きつけティシュの箱をケースとして作ったことがありました。
 485系が製品化されたらうれしいなあ。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 | トップページ | KATO EF15最終形 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/49302959

この記事へのトラックバック一覧です: 手動前面方向幕 115系東北・高崎線:

« 貨車整備 7 タキ12200の腰高対策 4 | トップページ | KATO EF15最終形 »