« TOMIX キハ47 500番台 | トップページ | キハ35一般色 »

バスコレクション第16弾

P1000099
 バスコレクションの第16弾が発売となりました。
 今回は、富士重工業7Eと西日本工業42MC

P1000100
 リーフレットによると、富士重工業7Eは、1988年から製造された、方向幕と前面ガラスが一体に見えるデザインやスクエアなボディで人気の車種。今回は標準尺の車輌で2000年まで製造されたそうです。

P1000101

P1000102
 西日本工業42MCは、1966年から製造された車輌で、フロント及びリアの方向幕部分が逆傾斜した形状で、かまぼこの愛称で親しまれたのだそうです。私は記憶にありませんが、それもそのはず主として西日本で活躍したのだそうです。
 
 

 富士重工7Eは、前にも見たことがあると思ったら、やはり同系のものが製品化されていたのですね。一方、西日本工業42MCは、製品化されたとはいえ3種類のみ。
 「あらゆる年代で活躍するバスたちを・・・・」というテーマがリーフレットに書いてあるのですが、どうも最近のものに偏ってしまっているようです。

 建物コレクションやカーコレクションでは、昭和のアイテムがどんどん製品化されておりますので、バスコレも当時のものを出してもらいたいものです。

 そういう意味で、製品化を切望しているのが、
P1000103
 PB10という形式。昭和40年代前半に活躍したバスで、42MCと時代的に重なります。モデルはトミカリミテッドビンテージの都営バス。

 このバスの特徴は、前面と屋根はゆるいカープでつながるデザインですが、
P1000104
後部は、帽子のつばを付けたようなデザイン。
 これより前のバスは、前も後もゆるいカーブでしたが、このバスからこのようになり、さらに前部にも及んで4Rのデザインとなりました。
 小学校のころ、駅まで乗るバスがほとんどこれで、結構思い出があります。

 それから、今回の42MCの大阪市交通局版では、後部タイヤにカバーがついています。
P1000105
 小さいころには、埼玉でもこういうカバーをつけたバスが走っていましたが、昭和40年代に入ると見かけなくなりました。

P1000106
 さて、今回はラッキーにもシークレットがあたりました。京急の特別塗装?です。
 そうなると、ノーマルコンプリートにするために、普通の京急バスが欲しくなります。さっそく、開封して売っているお店で入手しました。2台分の価格でしたが、ブラインドのまま2台買っても欲しいバスは、まず出てきませんから、多少高くても目的のバスが買えるほうがよいと思います。
 私は第10弾のとき、富士急行の旧色のバス欲しさに大いに散財し、結局手に入りませんでした。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« TOMIX キハ47 500番台 | トップページ | キハ35一般色 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

MC42地元に居ましたので乗った事があります。

バスコレに限らず、トラコレも旧型が減ってますね。残念です。そろそろ、ボンネットバスとボンネットトラックをやって欲しい処です。過去発売のオープンパッケージ版も。トラックコレクションの第1弾と第2弾購入出来なかったので。

投稿: 西日本在住 | 2010年11月27日 (土) 午後 11時56分

西日本在住さん
そうですね。トラックも昔のものが減ってますね。

トミカリミテッドビンテージでは、昔のトラックが出てきているので、トラコレでも製品化してほしいですね。

投稿: e231green | 2010年11月28日 (日) 午後 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/50108171

この記事へのトラックバック一覧です: バスコレクション第16弾:

« TOMIX キハ47 500番台 | トップページ | キハ35一般色 »