« 153系のドレスアップ 9 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 2 »

TOMYTEC 201系試作編成 1

 鉄道コレクションの201系が発売になりました。昔、KATOが201系試作編成を製品化したとき、量産車が発売になるかもしれないと思って買い控え、結局手に入れられませんでしたので、今回は試作編成を購入しました。

P1000411
 本体とNゲージ化するのに必要なパーツ一式です。
 試作編成は、1両に2個のパンタグラフで、パンタ付車両が10両中4両もありますので、0262のPS16Pも4箱購入です。普通の倍ですね。
 
 

P1000412
 今回のパッケージは、東武5700のときのように表紙?がついていて、これを開くと中身が見えるタイプです。

P1000414
 パッケージを開けてみてまず目に入ったのが、畳んであるパンタグラフ。ついに、ふつうのパンタも可動の時代に入ったようです。ただし、パンタそのものは線が太すぎますので、交換した方が見栄えがするでしょう。私は買ってしまいましたから、絶対交換しますが・・・・。
 側面の行き先表示は「東京」が印刷されていますが、オレンジ色の車体色が透けてしまっているのが惜しい。

P1000415
 表紙の裏には、パーツ取り付けの説明と編成表。
 ユーザー取付パーツは、信号炎管と省エネ電車のヘッドマーク。

 ところで、今回のパッケージは、表紙があるおかげで、透明のフィルムをはがせば車両ケースとしても使用できそうです。

 それでは、パッケージを開けて見てみます。

P1000416
 方向幕が付属していました。しかし、側面用はカットするガイドがなく切り出すのが大変そうです。製品のまま東京行きかな。

P1000417
 先頭車です。
 ヘッドライトは塗装で表現かと心配していましたが、ちゃんとレンズが入っていました。
 しかも、運行番号と行き先表示も入れられていて、このままで十分見栄えがします。前面は合格です。

P1000418
 屋根上も合格点。ベンチレータ、クーラーは見た目には別パーツのようですよ。がんばってますね。

P1000419
 側面を見ると、やや、塗装が厚ぼったい感じもしますが、十分に合格点です。

P1000420
 モハ201です。パンタをあげてみました。やはり交換した方が良いようです。

P1000421
 その他は合格ですが、床下機器の色さしが雑で、関係ないところに銀色が付着してました。まあ、このくらいならカバーできますので、良しとしましょう。

P1000422
 モハ200もOKです。

P1000423
 付属パーツを見ますと、省エネ電車のヘッドマークがちゃちいです。幸いステッカーにも省エネ電車のヘッドマークがありますので、ブラバンにでも貼り付けて切り出した方が良いでしょう。


 おって、Nゲージ化の模様も報告いたします。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 153系のドレスアップ 9 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/50588690

この記事へのトラックバック一覧です: TOMYTEC 201系試作編成 1:

« 153系のドレスアップ 9 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 2 »