« TOMYTEC 201系試作編成 2 | トップページ | DD53-1 新庄機関区 »

TOMYTEC 201系試作編成 3

P1000435
右がTOMYTEC、左がKATOの201系です。

P1000451
 先頭部は両社とも良い出来栄えだと思います。TOMYTECのほうは、ヘッドライトに縁が表現されている分だけ一歩リードでしょうか。

P1000452
 屋根上は、クーラーのファンが表現されている分だけKATOがリード?

P1000454
 側面は、塗装のきれいさではKATOですが、TOMYTECは、くつずりに色差ししたり、方向幕に表示を入れてあったりと、細かな配慮が見られます。

P1000455
 床下ですが、TOMYTECは鉄道コレクションの構成ですが、MG?は左右の一体パーツだけでなく、これを結ぶパーツもつけていて、これまでのものとは一味違います。しかしながら、専用の床板を作成しているKATO製には及びませんね。


P1000457
 鉄道ファンの1979年11月号に営業開始の記事がありました。
 省エネ電車のヘッドマークは楔形でした。

P1000458
 なお、5連+5連で新製された試作車ですが、営業運転に入った時点ではすでに4+63+7連にくみなおされ、MM’ユニット1組はサハ扱いだったそうです。
 サハ扱いユニットのパンタは下がっていたのでしょうね。

 
 KATO製品とともに走らせてみましたが、絶好調でした。




 最後にコストパフォーマンスを比較してみます。

 KATO国鉄仕様201系 10両セット             19,600円(税抜き、以下同じ)

 TOMYTEC
  5両セット 各4,500円                  合計9,000円
  動力ユニットTM14                        2,800円
  走行用パーツセットTT-03 4.5個分 600円×4.5=2,700円
  パンタグラフ0262 4個            500円×4=2,000円

  条件を同じにするためにケースの価格も加算します。
  20m級10両ケース 6217                  1,700円

  合計                                 18,200円

 ライトを考慮しますと、微妙なところですね。

 この週末は153系の仕上げをする予定でしたが、急行伊豆のサボが手に入りませんでした。入手できてからの作業としたいと思います。そのかわりに、DD53も入線しましたので、次回はその感想などを述べたいと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« TOMYTEC 201系試作編成 2 | トップページ | DD53-1 新庄機関区 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/50592327

この記事へのトラックバック一覧です: TOMYTEC 201系試作編成 3:

« TOMYTEC 201系試作編成 2 | トップページ | DD53-1 新庄機関区 »