« TOMYTEC 201系試作編成 1 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 3 »

TOMYTEC 201系試作編成 2

Nゲージ化してみます。

P1000424
 パンタを交換しました。精密感が全然違いますね。
 
 
 

P1000425
 カプラーは、製品についている簡易版カプラーとTT-03に入っているカプラーの長さが同じなので、スベーサーを介する必要はなさそうです。

P1000426
 スベーサーなしでこの連結間隔になりました。

 続いて先頭車のNゲージ化
P1000427
 ユーザー取付パーツの信号炎管を取り付けます。
 0.7mmのドリルを使うよう指定してありますが、0.6mmでもゆるいくらいでした。
 ちなみに、ヘッドライトの点灯化は難儀しそうですね。

P1000431
 屋根を車体に取り付けるときは、端部を先にはめ込んで最後に真ん中のつめで固定します。真ん中のつめを最初に固定しますと、両端の屋根が浮きますのでご注意。

P1000428
 先頭部のカプラーはスベーサーを介する必要がありますが、両方のカプラーにスベーサーをつけると連結間隔があきすぎてしまいます。そこで、一方のカプラーにだけスベーサーをつけますと、

P1000429
 中間車の連結間隔と同じになります。ただし、

P1000430
 先頭車のカプラーの状態はこのようになります。先頭車ではあるが編成の中間に封じ込めてしまう車両であると割り切れば、これでもよいでしょう。

P1000432
 省エネ電車のヘッドマークがちゃちいと書きましたが、シールもあまり差がありませんでした。前言を翻して、パーツを利用します。ただ、おぼろげな記憶では平板で、楔形ではなかったように思うのですが・・・

P1000433
 パッケージの透明フィルムをはがして、車両ケースとしてみました。この状態で車両を取り出すことができますが、表紙?を固定する工夫をしないと、予期せず車両が落下したなどということになりそうですね。

 これから出かける用事がありますが、帰ってきたら、
          走行状況やKATO製品との比較
をしてみます。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« TOMYTEC 201系試作編成 1 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 3 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

いいですんね~。(◎´∀`)ノ
私は、今度変えたら、京葉線201系ケヨK73編成を作りたいなと思っています。

投稿: 小田急好きな201系 | 2011年5月17日 (火) 午後 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/50589960

この記事へのトラックバック一覧です: TOMYTEC 201系試作編成 2:

« TOMYTEC 201系試作編成 1 | トップページ | TOMYTEC 201系試作編成 3 »