« 京王3000 1 | トップページ | 京王3000 3 »

京王3000 2

 京王3000を組み立てています。

P1000551
 ユニットサッシを塗り分けることはやめたものの、せっかくステンレスのメタルカラーを買ったので、車体をこれで塗装することにしました。

 車体が塗れたので、レインボーカラーの部分を塗ります。
 ブルーグリーン、アイボリー、サーモンピンク、ライトグリーン、バイオレット、ベージュ、スカイブルーの7色がありますが、今回は無難にライトグリーンとしました。

 説明書ではGMカラーの京阪グリーンを使うよう指示されていますが、手持ちがありませんので、似たような色を使用することにしました。
P1000552
 田宮のXF-71(日本軍機の機内色)、クレオスのH74(スカイ)、H50(よもぎ色)を比較したところ、よもぎ色が一番イメージにあいました。これは光沢ありの塗料なので、フラットペースを混ぜて使用します。

P1000553
 エアブラシを使いますので、念入りにマスキングしました。

P1000554
 よもぎ色を吹きました。マスキングを外す瞬間はいつもドキドキします。

P1000555
 今回はうまくいきました。

P1000556
 屋根を接着して強度を確保します。
 塗装後の接着なので、接着剤が車体表側に染み出さないよう、細心の注意を払いました。

P1000557
 ヘッドライトに別売パーツをはめこみ、Hゴムやテールライトを塗りました。

 このあと、窓ガラスを貼り付け、鉄コレの動力ユニットを組み込みました。


 続く

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 京王3000 1 | トップページ | 京王3000 3 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/50976940

この記事へのトラックバック一覧です: 京王3000 2:

« 京王3000 1 | トップページ | 京王3000 3 »