« 京王3000 8 | トップページ | 今度は水!? »

右へ倣え

 ここ数日、普段とちがうところで渋滞に巻き込まれる。
 昨日も、新大宮バイパスの終点、国道16号と17号が分岐する吉野インターという場所で、下り方面が動かない。
 16号側は、すぐ先に信号があるのでよく渋滞を起こすが、17号側は、立体交差で交差道路を乗り越えるので、事故でもない限り渋滞しない地点である。
 普段は1分程度で通過する吉野インターを10分近くかかって抜けた。
 
 

 その先に見えたのは、ガソリンスタンドに入ろうとする自動車の列。一応片側2車線の道路だが、車の行列が1
車線をふさいで大渋滞。
 ガス欠の車がこんなにいるはずもなく、災害が起こったときにガソリンがないと困るという漠然とした不安感が、ガソリンスタンドに向かわせているようだ。

 同じような不安感は、人々をスーパーに向かわせ、カップめんなどの非常食、保存のきくお米など、トイレットペーパーなどの生活用品は、現在在庫がない状態。

 なにが不安なのか。

 震度7の余震が70パーセントの確率で起こるとか、計画停電が始まったとか、そういう報道や事実はあるものの、それが商品の欠乏に直結するわけでもなし。

 確かに、震度7の余震は大変だが、余震なのだから、起こるのは宮城県沖とか近くても茨城県沖。
 埼玉からは少なくとも100キロ以上離れている。今回の地震で埼玉県は犠牲者ゼロ。クラックが入った家はあったかもしれないが、倒壊したという話は聞いたことがない。
 だとすれば、余震への対処は今回の地震で散乱したような物をしっかり固定するだけで十分。

 計画停電といっても、1回に3時間、停電する場所も限定されている。なんとなれば、自宅が停電しても、少し離れた友人宅は停電しないのだから、お互いに行き来して、楽しく談笑していれば3時間などあっという間。

 東電では、3基の原発がダウンしているけれども、残りの3基は定期点検で停止していたのだから、地震が落ち着いて残りの3基が稼働し始めれば、電力はかなり回復するはずでしょう。

 要するに、埼玉は被災地ではないのだから、不安を覚える必要など全くない。

 かえって、ガソリンスタンドの行列は渋滞を引き起こして、商品の配送を阻害している。

 それだけではなく、ガソリンやトイレットペーパーなどは、関東に補充する分だけ、被災地に送る分を減らすことになる。
 もちろん、トイレットぺ゛ーパーがなくなったら、買うのはあたりまえ。
 ガス欠になったら、ガソリンを入れるのはあたりまえ。
 でも、根拠のない不安に煽られて、必要もないのにストックを持とうとするのは、まわりまわって被災者への救援を妨げかねないことを肝に銘ずるべきである。

 周りの人たちに右へ倣えではなく、一人一人が良く考えて行動した方が良い。


 むしろ、心配しなくてはならないのは、原発の冷却対策。
 もしも、格納容器が破損して、高レベルの放射性物質が放出されたら大変。放射性物質が風に乗ってやってきたら、その物質が放射線を出し続ける。しかも、放射性物質によっては何万年も。

 ここからは推測だが、風に乗るような微粒子だから、除去するのは非常に困難だろう。ということは、そこには住めなくなるということ。

 放射性物質が飛散していない別の地域に移住しなくてはならなくなるのでは?

 まさしく、トイレットペーパーなど買っている場合ではない。

|

« 京王3000 8 | トップページ | 今度は水!? »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51123798

この記事へのトラックバック一覧です: 右へ倣え:

« 京王3000 8 | トップページ | 今度は水!? »