« 京王3000 7 | トップページ | 右へ倣え »

京王3000 8

 あんなに大きな揺れは生まれて初めてでした。それもそのはず、日本では1000年以上前のものと比較するしかないような地震だったとか。
 幸い自宅は無事で、11時ころまで停電した程度で済みましたが、肉親の安否を心配して居ても立ってもいられない方々が数多くおられることと思います。私も妻子の無事を確認するまでは、心配をしていました。一人でも多くの方が命をつなぐことをお祈りいたします。

P1000621
 さて、地震の報道におののきながらも、少しずつ京王3000も進めて、車体を組み上げるところまでになりました。
 
 
 

 
 前回は、マスキングテープをはがす時にメタルカラーがはがれてしまいましたが、ライトグリーン編成と同様に、マイカルシルバーの上にメタルカラーを吹きましたら、無事に定着してくれました。

P1000612
 今回の編成はブルーグリーンとサーモンピンクとしました。
 前回はブルーに白を混ぜましたが、白にブルーを混ぜていった方が、簡単にイメージ通りの色合いとなるようです。

P1000613
 ちょっと白すぎたようです。

P1000614
 カップの中にブルーをわずかにたらして、現物合わせの調色です。

P1000615
 こんどはイメージ通りの色になりました。

P1000616
 サーモンピンクも現物合わせで調色しました。感覚的にはオレンジ1、赤10、白100の割合でこの色になりました。

P1000617
 マスキングを外すも、メタルカラーは無事です。

P1000619

P1000620
 側窓のガラスと、先頭車の連結器とM車の台車、床下機器がまだですが、一応走れるまでになりました。

 さて、津波注意報は解除されたものの、福島の原発はまだまだ油断なりません。
発電所が停電して、燃料棒溶解というのも皮肉な話ですが、メルトダウンまでいってしてしまうと、関東一円は人の住める土地ではなくなるという話をきいたこともあります。
 1日も早く安定化することを望むばかりです。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 京王3000 7 | トップページ | 右へ倣え »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51111523

この記事へのトラックバック一覧です: 京王3000 8:

« 京王3000 7 | トップページ | 右へ倣え »