« 右へ倣え | トップページ | E5系 はやぶさ »

今度は水!?

 昨日は、営業中のガソリンスタンドの前を通りましたら、5~6台しか並んでおりませんでした。また、スーパーに立ち寄ったところ、お米やカップラーメンやトイレットペーパーが普通に売られていました。
 物流が回復するとともに、消費者の備蓄も一段落したというところでしょうか。
 やれやれ、これで普通の生活にもどれるかと思ったら、今度は水でしょうか。

 東京の浄水場で、水道水に乳児は飲まない方が良い程度の放射性物質が検出された途端、ミネラルウオーターの需要が急騰だそうです。

 前回、原発の不安について書きましたが、ネットでお勉強させていただいたところ、すくなくとも埼玉以南では心配する必要がないように思いました。
 水道水の値も、すぐに下がるでしょう。幼児の親御さんは安心のために水を買うのもよいでしょうが、大人は必要ないですね。

 放射能の危険は、放射線を受けることにより生ずる。
 放射線の量は、シーベルトという単位で測られる。
 それは1時間あたりの放射線量を示す。
 150ミリシーベルトを超えると人体に異常が生ずる。

 放射線を受ける量は、放射線を発生させる物質からの距離の二乗に反比例して弱くなる。

 現在危険なレベルの放射性物質が存在するのは、原子炉である。
 東京消防庁のレスキューが原子炉付近で放水作業をした際の放射線量は70ミリシーベルト程度だった。
 すなわち、その場所に1時間居続けると、70ミリシーベルトの放射線を受ける。1分で1ミリシーベルト強。

 埼玉は原発から200キロくらい離れている。
 レスキューが70ミリシーベルトの放射線を受けた場所が原子炉から100メートルくらいだとすれば、埼玉は2000倍の距離があるから、埼玉に届く放射線量は400万分の1。
 ほとんどゼロ。

 ところが、原発は放射性物質そのものを飛散させている。
 それは、霧状になって、空中をただよい、風に乗って埼玉や東京にもやってくる。
 したがって、私の至近距離にも放射性物質は浮遊してる。

 至近距離を浮遊する放射性物質から発せられる放射線量は、19日のさいたま市で0.93マイクロシーベルト。 さいたま市では1時間外にいても、人体に影響が出る放射線量の15万分の1の放射線を受けるにすぎない。
 これもほとんどゼロ。


 さて、ここからが水の問題。
 浮遊していた放射性物質が雨で地上に落下し、川に流れて、浄水場に取水されたものだろう。
 この水を飲んでしまうと、体内に放射性物質を取り入れることになるから、その放射性物質が放射線を出し続ける限り、放射線を受け続けることになる。

 放射線を受ける量は、放射性物質を体内にとりこむ量に比例する。

 問題は、どのくらいの放射性物質を体内に取り込むと危険かということ。
 詳細な研究がおこなわれているかどうかわからないが、暫定値として、水1リットルあたり、大人は300ベクレル、乳児は100ベクレルという量が示されていて、今回の浄水場では120ベクレルという値を示したから問題になった。

  120ベクレルの放射性物質がどのくらいの放射線をだすのかはよくわからないが、この程度なら問題ないということらしい。


 問題ないとしても、体内から放射線を受けるのは確か。いつまで受け続けるのか。
 今回水に混入したのは、放射性ヨウ素。

 そもそも放射性ヨウ素が放射線を発するのは、ヨウ素が破壊されて別の物質になるときに、放射線がでるから。
 したがって、どのくらい放射線を受け続けるかは、ヨウ素の破壊に要する時間で決まることになる。
 放射性物質の場合、半減期という単位で破壊の程度を測る。
 すなわち、発生させる放射線量が半分になるまで要する時間が半減期。

 ヨウ素の半減期は8日。8日経てば放射線量は半分になり、さらに8日経てばその半分になるという具合に、発生する放射線量は減っていく。
 したがって、取り込んだ放射性物質がヨウ素であれば、数か月でヨウ素は破壊され、放射線を受けることはなくなる。何日間か水をのんでも、問題はない。

 今回放射性物質の量が増加したのは、雨で放射性物質が川に流れ込んだためだろうから、すぐに値は下がって普通の水に戻るでしょう。よって、心配の必要なし。

 ついでに言うと、今は葉物がお買い得。
 福島や茨城の葉物に出荷制限が出ているが、埼玉や千葉の葉物も敬遠されている。
 しかし、同じ場所なら。キャベツでもホウレンソウでも、放射性物質にさらされるのは同じ。
 キャベツは安全でホウレンソウは危険などということはあり得ない。危険は同じ。
 ならば、お安い葉物をいただきましょう。

|

« 右へ倣え | トップページ | E5系 はやぶさ »

610 浅慮空言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51201996

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は水!?:

« 右へ倣え | トップページ | E5系 はやぶさ »