« E5系 はやぶさ 3 | トップページ | TOMIX C57 1 その2 »

TOMIX C57 1

TOMIXからC57 1が発売となりました。
P1000698_2
 装飾がなされ、集煙装置のない姿から、新津機関区時代のお召機の設定かと一瞬、錯覚に陥りました。
しかし、パッケージにはJRのC57と明記されていますし、専用の客車も出るわけですから、やまぐち号仕様であることは間違いありません。

まずは、ユーザー取付パーツを取り付けます。135号機のときと同様、多くのパーツがありますが、合いが良いので苦になりません。

P1000699
 まずは、ナンバープレート。1号機用の幅の狭いプレートです。
 説明書には、少量のゴム系接着剤で付けるよう書いてありますが、パーツを押し込むだけで十分です。

P1000700
 信号炎管。ELやECと同じように付けます。

P1000701
 回転火の粉止め、別名クルクルパー

P1000702
 集煙装置。回転火の粉止めと集煙装置は、接着なしで取り付け、簡単に交換できます。

P1000703
 ATS車上子は、簡単に取り付けられます。

P1000704
 パーツを取り付けるためにデッキを取り外します。

P1000705
握り棒とエアーホースを取り付けました。

P1000706
 前部テールライトを取り付けました。135号機の時は、0.6mmの穴をあけて圧入しましたが、今回はパーツを飛ばしそうになり、O.8mmの穴をあけてゴム系接着剤で固定しました。

P1000707
 ヘッドマークを付けるときは、ステーの付いた給水温め器にマークを付け、これごと取り換えます。

P1000708
 カプラーは、135号機の記事を見返して、ナックルカプラーを取り付けました。

P1000709
 回転火の粉止めの姿。
 デフレくターに菊の紋章を付けて、お召客車を牽かせたくなります。

P1000710
 集煙装置にヘッドマークの付いたやまぐち号仕様。

P1000712
 KATOの1号機と並べてみました。KATO製は、27年前の製品なので、比較すること自体酷ですが、それにしても大きいです。



 1号機復活当時の原型12系5両編成を牽かせました。

 135号機を横にみてヤードに進入するやまぐち号。


P1000716
 135号機、D51498とともに留置線で佇みます。次に並ぶのはC6120?


続く


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« E5系 はやぶさ 3 | トップページ | TOMIX C57 1 その2 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51282118

この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX C57 1:

« E5系 はやぶさ 3 | トップページ | TOMIX C57 1 その2 »