« 都会モジュール21 | トップページ | 小田急30000形EXE »

都会モジュール22

 高架橋の製作は、高架下店舗に進むはずでしたが、店舗を作ってしまうと高架橋の塗装ができなくなることに気が付きました。高架橋は、まだ防音壁を作っていません。これを作ってから塗装をして店舗の製作。これが清く正しい?順序でしょう。

P1010012
 まずは、防音壁の高さです。実物を見ますと床下部分を覆い隠す程度の高さがあるようです。
 というわけで、防音壁の高さを測りました。

 約14mmでした。道床を含むとはいえ、実物換算で2.1m。すごい高さです。
 
 

 さらに高架橋との接合部を考え、全体の高さを19mmとしました。
 
 
P1010010
 19mm高の防音壁と支柱を切り出しました。
 支柱は1mm角棒を刻んで作成。最近はいろいろと素材が商品化されていて助かります。
 
 
P1010013
 カッティングマットのマス目にあわせて、20mm間隔で支柱を貼り付けていきました。流し込むタイプの接着剤で作業がはかどりました。防音壁から1mm飛び出してしまう部分は、あとで切りそろえるつもりでしたが、高架橋との接合部としてそのまま残してもよさそうです。
 

P1010014
 単調な作業ですが、30分ほどで終了
 
 
P1010015
 高架橋に貼り付けました。
 
 
 このあと、架線柱の取り付けベースを取り付けたら、塗装に移ろうと思います。


 
続く 
 
 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 都会モジュール21 | トップページ | 小田急30000形EXE »

212 都会モジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51631436

この記事へのトラックバック一覧です: 都会モジュール22:

« 都会モジュール21 | トップページ | 小田急30000形EXE »