« 都会モジュール25 | トップページ | EF65PF+富士 1 »

昔むかしの24系25形

 明日あたり、KATOから24系25形の富士とEF65PFが発売になるようですね。

 24系25形100番台が登場したのが1976年。
 KATOは、1979年に製品化。EF65PF(品番311)も同時に製品化されました。
P1010221
 写真は鉄道ファン1979年11月号の裏表紙です。


 回転式テールマークが誇らしげに宣伝されてます。201系試作車もこれから新発売という頃です。
 
 

 当鉄道では、EF65PFは、1980年4月に、24系25形は1981年の1月から2月にかけて入線しました。
 当時はフル編成にする頭など毛頭なく、
 カニ24、オロネ25、オシ24、オハネ25×5、オハネフ25×2の計10両で遊んでおりました。

 よく最新鋭のブルトレを製品化してくれたと喜ぶ私は、行先表示窓の些細なエラーなど指摘する気持ちなど全くなく、そもそもエラーであることも気づかずに、幸せに楽しんでおりました。
 
 
 もちろん現在も現役です。
 今はSOLOやロビーカーを連結したはやぶさ号に仕立てていますが、富士の発売を記念して当鉄道入線当時の編成にしてみました。
P1010222

    P1010231   P1010230  EF65PFとカニ、オハネフは、苦心の末、ケーディーカプラーを取り付けています。当時はマグネティックカプラーが出る前で、ケーディー化には大なり小なり加工が必要でした。     P1010223  EF65PF 首ふりスカートです。屋根上を筆塗りしています。はみ出しが気になりますが、当時としては思いを込めて塗ったのでしょう。     P1010224  カニ24 当時はもちろんJRマークなどつけていませんでした。   P1010225  オロネ25 編成を組んでいて見えませんが、貫通扉も塗っています。力が入っています。   P1010226  オハネ25  カニを除いて室内灯を付けていますが、マイナス面の方が大きい。 室内灯は暗いうえにチカチカしますし、その影響でモーターの回転も不安定。集電装置も旧式なので、キーキー異音を発しながら走ります。     P1010227  オシ24   P1010228  オハネフ25 こちらも後付けのJRマーク

 さて、今度の製品はどれだけ進歩して出てくるでしょう。手に取ってみるのが楽しみです。

 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« 都会モジュール25 | トップページ | EF65PF+富士 1 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51812211

この記事へのトラックバック一覧です: 昔むかしの24系25形:

« 都会モジュール25 | トップページ | EF65PF+富士 1 »