« 都会モジュール20~バスが周回するようになりました。 | トップページ | 妙高の整備 2 »

14系八甲田 1~ふた昔前の製品をレストアする

 ゴールデンウイークは都会モジュールにかかりきりで、いささか食傷気味です。
 こちらは、完成には程遠いので、テンションの高いときにのんびり進めることにして、すぐに結果の出るものも同時に進めようと思います。

 以前からなんとかしたいと思っていたものに、14系の八甲田があります。
P1000978

P1000975
 14系はトミックスの初期製品。Hゴムは車体側に成形され、青20号に白帯だけのシンプルな塗装で色差しはなし。
 発売当初はこういう製品ばかりでしたから気にもせず、むしろ当時現役バリバリの14系客車が製品化されたとあって大喜びでした。

 とはいえ、現在のレベルからすれば、制作途中ですかと言われそうな完成度。少し手を入れてやりたいと思います。

P1000976
 牽引機はEF651019。スーパーエクスレインボー用の特殊塗装ですが、津軽とか八甲田の運用にも入っていました。このモデルは、いまだスカートが首を振る3世代くらいまえの製品です。しかし、走りは抜群ですので、スカートを最近の製品に交換してグレードアップさせてやろうと思います。

P1000974
 14系客車は、Hゴムの色差しとか、行先表示シールやサボ類を貼って、見栄えを良くするとともに、連結間隔を4mmに調整してあげようと思います。

P1000973
 夏期の14系八甲田の特徴がモトトレインの併結です。2両のマニ50にオートバイを載せ、ライダーはオハネ14に乗っていただいて、深夜の東北路から青函トンネルを貫けて函館まで運転されていました。
 オハネ14を調達し、マニ50はテールライトが点くようにしてやりたいものです。
 
 
続く 
 
 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 都会モジュール20~バスが周回するようになりました。 | トップページ | 妙高の整備 2 »

362 14系八甲田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51598837

この記事へのトラックバック一覧です: 14系八甲田 1~ふた昔前の製品をレストアする:

« 都会モジュール20~バスが周回するようになりました。 | トップページ | 妙高の整備 2 »