« 14系八甲田 2~EF65のナックルカプラー化 | トップページ | 都会モジュール22 »

都会モジュール21

 バスの走行のあとは、高架橋の作成を進めることにしました。
P1010004 
 高架橋は、FALLERの石積アーチパーツを使用しましたが、曲線部分はサイズが合いませんので、スチレンボードで作成することにしました。
 
 
 

P1010005
 2mm厚のスチレンボードから必要なパーツを切り出しました。すべて現物合わせのやっつけ仕事です。
 
 
P1010006
 FALLER製品のまねをしながら、石組みを表現してみました。
 
 
P1010007
 アーチ部分は、これまたコンパスで現物合わせの曲線を引きました。
 アーチのカーブが左右で違ってしまってよいのか大いに疑問です。アーチ部分は上部の構造物を支えているわけで、そのカーブの大きさは構造物の重量との相関関係で決まるのだと思います。
 とはいえ、相関関係を調べていたら日が暮れてしまうので、目をつぶることにします。
 
 
P1010008
 アーチ部分を切り出して、
 
 
P1010009
 高架橋に貼り付けました。


次はアーチの石組みを表現し、高架下の店舗を整えて、高架両脇の道路をつくります。
 
 
 
続く 
 
 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 14系八甲田 2~EF65のナックルカプラー化 | トップページ | 都会モジュール22 »

212 都会モジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51611514

この記事へのトラックバック一覧です: 都会モジュール21:

« 14系八甲田 2~EF65のナックルカプラー化 | トップページ | 都会モジュール22 »