« EF65PF+富士 7 はやぶさ・出雲として遊ぶ | トップページ | EF65PF+富士 9 カニ24 0番台初期型 1 »

EF65PF+富士 8 あさかぜでも遊べる

 まだまだ引っ張るPF富士。今回はあさかぜです。
P1010352


 
 

 24系25形あさかぜには、伝統の博多あさかぜとモノクラスの下関あさかぜがあります。
 今回は、博多あさかぜ。
 実は、富士の編成とほぼ同一です。違うのは電源車が100番台であること。

 旧製品のカニがスケール的に短くないことは過去に触れましたので、カプラーを交換して富士の編成に連結できるようにします。

 編成端側は、富士と同じカプラーセット取り付けて、仕様をあわせてみようと思います。

P1010341
 カニ24富士用の前面カプラーセットです。

P1010344
 カニ24の台車を外しました。回転式テールマークの操作部が結構車端寄りにありますね。

P1010342
 カプラーセットの乗務員ステップと車体の乗務員ドアが合う位置に仮止めしました。テールマークの操作部は完全に隠れてしまいます。

P1010343
 仮止めしたカプラーセットを前面から見ました。ジャンパ栓は車端ぎりぎりで良いのですが、カプラーが飛び出してしまいます。

 結論。このカプラーセットはカニ24 100に使うのは不適切。無理はせず、台車マウントのままかもめナックルを使うことにします。KATOさんのことですから、そのうちあさかぜも製品化するでしょうし、購入したカプラーセットは初代の北斗星電源車ならつかえるのではないかと。

 続いて、車端側のカプラーセット。こちらは交換しないと富士の車両に連結できません。

P1010345
 富士の車両は、キハ80用のカプラーセットを使用していますので、カニ24もあわせます。
 旧製品にキハ80のカプラーセットを取り付ける作業は、オシ24で行ったことがありました。

P1010348
 台車マウント部分とカプラーのベースのツメ・突起部分を落とし、

P1010347
 両面テープで貼るだけです。両面テープはNITTO TAPEという製品が薄くて強力で、安いので愛用しています。

P1010349

P1010351
 編成側にはカプラーセットを取り付け、

P1010350
 前面側にはかもめナックルをセットしました。


 それではマンネリの動画です。

 


 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« EF65PF+富士 7 はやぶさ・出雲として遊ぶ | トップページ | EF65PF+富士 9 カニ24 0番台初期型 1 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

EF65PF、私の鉄道にも配備しました。個人的にはP形に思い入れが強いのですが、楽しみ方の幅は PF形の方が広いかもしれませんね。24系25型は予算の関係で導入をためらっているので、 今のところは14系座席車でも牽かせて臨時「踊り子51号」として楽しもうと思っています。古いヘッドマークシールを取っておいて良かったですconfident。これをクイックHMに貼ればよいのですね。「はやぶさ/出雲」の記事は参考になりました。20系「銀河」もやりたいのですが イラスト入りのテールマークはどうやって工面すればよいのでしょうか?

投稿: あさかぜ | 2011年6月10日 (金) 午後 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51881514

この記事へのトラックバック一覧です: EF65PF+富士 8 あさかぜでも遊べる:

« EF65PF+富士 7 はやぶさ・出雲として遊ぶ | トップページ | EF65PF+富士 9 カニ24 0番台初期型 1 »