« EF65PF+富士 6 | トップページ | EF65PF+富士 8 あさかぜでも遊べる »

EF65PF+富士 7 はやぶさ・出雲として遊ぶ

 今回の24系25形は、製品名が富士となっていますが、行先表示をに目をつむれば、はやぶさにも出雲にもなります。
P1010331
 
 

P1010329
 はやぶさのヘッドマークは、富士のセットに添付されています。
 テールマークも、文字、イラストともに回転式テールマークにセットされていますので、手間いらずです。

 はやぶさが製品と同じ編成であったのは、富士と異なり、1978年2月から1985年3月まででした。1985年3月からは9号車にオハ24-700が連結されて15両編成となり、このために牽引機がPFからEF66に変更になりました。したがって、製品そのままの編成をEF66が牽いたことはないことになります。


P1010332
 一方出雲ですが、ヘッドマークは、DD51後期暖地形とDD54ブルトレ牽引機に付属するものの、

P1010333
PFには適合しません。
 
 
 客車セット付属のはやぷさ・富士のヘッドマークに出雲のシールを貼るのが一番簡単でしょう。
P1010334
 TOMIXの古いEF65PF(品番2101)にシール付いておりましたので、

P1010336
これを利用しました。ついでに瀬戸も準備しました。


 出雲の編成にする場合は、編成の後ろ2両を落として12両編成とします。模型では、後ろ2両を落としてしまうとテールライトが点灯しませんし、機関車に連結もできませんので、10、11号車を落として12、13号車を連結することになりましょうか。それでもテールマークの問題は残りますね。

P1010340
 出雲が24系25型を使用し、上記の編成であったのは、1978年2月から1988年3月まででした。
 東京京都間は1978年9月までがEF65P、それ以降はEF65PF、京都以西は全期間DD51でした。残念ながらDD54が牽引したことはありません。


 それでは、はやぶさ・出雲の走行シーンです。


 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« EF65PF+富士 6 | トップページ | EF65PF+富士 8 あさかぜでも遊べる »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/51878221

この記事へのトラックバック一覧です: EF65PF+富士 7 はやぶさ・出雲として遊ぶ:

« EF65PF+富士 6 | トップページ | EF65PF+富士 8 あさかぜでも遊べる »