« ブルトレを楽しむ 4 10-368初期あさかぜセット | トップページ | ブルトレを楽しむ 6 みずほから新幹線開業前まで »

ブルトレを楽しむ 5 はやぶさ登場 

 1960年7月20日、「はやぶさ」が20系化されました。第3のブルートレインです。
P1010443


P1010439
 EF58もブルートレインの色調にあわせた特急色が登場しました。


 はやぶさ20系化当時の編成表です。
Asakaze60
 各編成とも1両増結となり14両編成となりました。あさかぜにはナロネ21が、さくら・はやぶさ編成には基本編成にナハネ20が増結となりました。はやぶさの編成はさくらと共通で、電源車のみ異なっていました。

 さくらには、はやぶさの20系化にあわせて製造されたカニ22が使用され、はやぶさにはマニ20が使用されました。
 さくら用に製造されたカニ21はあさかぜに組み込まれました。
 カニ22は軸重が16tにもなり、線路規格の低い熊本以南では速度制限を受けるため、さくらに使用したのだそうです。また、あさかぜは荷物輸送を担うため、荷重の大きいカニ21が用いられ、その結果はやぶさにマニ20が使われました。

 はやぶさの運転時刻が書かれた文献がみあたらず、空欄となっていますが、東京発は19時ころ、東京着は10時すぎだったようです。


 3か月後の1960年10月1日には、電化区間が倉敷まで延び、EF58は岡山までけん引するようになりました。
Asakaze602
 ブルートレインの編成には変化はありません。夜行特急のブルートレイン化は一段落し、4本目のブルトレ「みずほ」の登場は、3年後の1963年6月1日となります。

 その間、電化は順調に進展し、1961年10月1日には三原まで到達しました。
Asakaze61
 このとき、さくらは糸崎までEF58がけん引しましたが、あさかぜ、はやぶさは依然として岡山まででした。
 また、関門間は、EF10からEF30に、さくらの博多以遠は、C57からC60に、それぞれ交代しました。

 この改正から、下り列車の発車順に列車番号をつけることになり、
   1,2レ さくら
   3,4レ あさかぜ
   5,6レ はやぶさ
となりました。


 1962年6月1日、電化は広島に到達し、EF58は広島まで牽引するようになりました。
Asakaze62


 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« ブルトレを楽しむ 4 10-368初期あさかぜセット | トップページ | ブルトレを楽しむ 6 みずほから新幹線開業前まで »

051 運転を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/52099025

この記事へのトラックバック一覧です: ブルトレを楽しむ 5 はやぶさ登場 :

« ブルトレを楽しむ 4 10-368初期あさかぜセット | トップページ | ブルトレを楽しむ 6 みずほから新幹線開業前まで »