« 京王5000系を鉄コレ動力に交換しました。 | トップページ | KATO ED16 »

GMの旧型国電に鉄コレ動力を組み込む

 京王5000系の動力を鉄コレのものに交換して味を占めた私は、以前作ったグリーンマックスの旧型国電も交換することにしました。

P1010667
 交換するのは身延線の4両編成。M車は中間のクモハ43800です。この動力ユニットは雑音が激しいのです。


P1010657
 元の動力をTM-09と交換します。

P1010658
 床板のスベーサーは「L」が適合しました。
 また、この編成はKATOカプラーNを使用しているので、動力ユニットのアーノルトカプラーと交換しました。そのまま台車に取り付けたのでは短く、小さいスベーサーを介するとちょうど良い長さとなりました。

P1010659
 台車枠は、動力ユニット付属のDT13です。

P1010660
 懸案の床下機器は、これまた第9弾ケース付属の未塗装車両のものを使ってしまいます。 缶スプレーを一吹きして取り付けました。

P1010661
 車体側の加工はリブの削り取りから。この車両はGMのユニットに合わせてリブの一部を残してあります。この部分のリブはユニットと干渉するので削り取ります。


P1010662
 新たなリブは1mm角ブラ棒で作成。

P1010663
 角棒は5mm長に切り出し、車体中心から45mm、車体下辺から4mmのところに貼り付けました。

P1010665
 ところが、GMの車体の内側が17mmなのに対し、動力ユニットの幅が15.5mmで、そのままでは取り付けられません。しかたがないので、0.5mm厚のブラ帯を貼り付けました。

P1010666
 最後に車体と動力ユニットを両面テープで固定して完成です。

 それでは試運転です。

 静かになった上に、扱いやすくなりました。鉄コレ動力化はまだまだ続きそうです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« 京王5000系を鉄コレ動力に交換しました。 | トップページ | KATO ED16 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

GMの旧国キットはデフォルメキットなので、車体幅が広めに出来ております。それ故、鉄コレ用の動力ユニットにはめるとブカブカになってしまうのです。

投稿: 西日本在住 | 2011年9月26日 (月) 午後 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/52828340

この記事へのトラックバック一覧です: GMの旧型国電に鉄コレ動力を組み込む:

« 京王5000系を鉄コレ動力に交換しました。 | トップページ | KATO ED16 »