« GMの旧型国電に鉄コレ動力を組み込む | トップページ | GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 »

KATO ED16

 P1010673
 KATOからED16が発売になりました。
 
 
P1010669
 例によって最小限のパーツのみユーザー取付となっています。
 
 

 まずは、ケースから出したばかりの製品から。
P1010671
 側面
 
P1010672
 前面

P1010670
 ナンバープレートとメーカーズプレート。日立以外は細かくて読めませんが、ルーペで見ればしっかり読めました。

P1010674
 ナンバーは、3,10,16,18。ナンバーとメーカーの対応は取説のとおり。

P1010675
 私は日立のメーカーズプレートにつられて10号機としました。
 最近のKATOの機関車と同様に簡単かつ隙間なく取り付けられました。

 続いて、カプラーを交換します。CSナックルカプラーが付属します。判りやすい取説です。
P1010676
 取説ではつめを押してふたを引き上げるように書いてありますが、つめをしますとふたがポップアップしますので、つめを押しながらふたを引っ張る必要はありませんでした。EF15のときは大変な思いをしましたが、大いに改善されています。

P1010677
 アーノルトカプラーを外してCSナックルカプラーを取り付けます。このとき、スプリングは外さずに先の細いマイナスドライバーで縮めた状態にしてあげると簡単です。

P1010678
 ふたを閉じて完了。ものの2分で交換できました。

P1010679
 カプラ交換後の姿。巨大なアーノルトカプラーではなくなっただけで格段に良くなりました。

P1010681
 線路上においてみます。

P1010682
 先に発売となったホキ2500と連結しました。良い感じです。


 まずは、ホキを牽かせてみました。スローがよく効きます。


 どれだけ牽けるのかと思って実車換算で300m級の貨物列車を牽かせてみました。楽々と牽いていきます。
 また、機関車が静かなので、2軸貨車のリズミカルなジョイント音が聞こえます。

 考えてみれば、F級のモデルも実質はD型機ですので、あたりまえといえばあたりまえでした。

P1010683
 マイクロエースのED16と並べてみました。リベットの細かさとかヘッドライトは大きく水をあけられてますが、マイクロ製もなかなかです。

P1010687
 それどころか、台車はマイクロに軍配があがります。
 KATO製はどういうわけか、台枠が抜けておらず、のっぺりとしています。

P1010689
 車体の長さはピッタリ同じ。どちらもきっちり1/150で制作しているようです。

P1010690
 前面から見ますとマイクロのほうが若干肩がいかっていて、わずかに腰高なようですが、遠目には全く気になりません。

 マイクロのED16、見直しました。

 さて、KATO製もパンタを塗って屋根上の艶消しをしてあげると落ち着くと思います。
 今度の休みにやってみようと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« GMの旧型国電に鉄コレ動力を組み込む | トップページ | GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/52853787

この記事へのトラックバック一覧です: KATO ED16:

« GMの旧型国電に鉄コレ動力を組み込む | トップページ | GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 »