« GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 | トップページ | マイクロED16のドレスアップ »

KATO ED16を落ち着かせる

 KATOのED16は大変良い出来栄えですが、金属むき出しのパンタとつやのある屋根に違和感を感じていました。
P1010707
 当鉄道標準の屋根に艶消しクリアー、パンタにジャーマングレーを吹きかけてみます。
 
 

P1010708
 ウエザリングの第一歩はつやを消すことというのが持論です。ウエザリングですから、きっちりマスキングするのでなく、できればグラデーションになるようにマスキングします。

P1010709
 艶消しクリアを吹きました。30センチ以上離して吹くと、艶消しの度合いが強まります。
 
P1010711
 パンタはメタルプライマーを吹いて、ジャーマングレー、艶消しクリアーで仕上げました。

P1010712
 落ち着いたED16になりました。
 
 


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 | トップページ | マイクロED16のドレスアップ »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/52880321

この記事へのトラックバック一覧です: KATO ED16を落ち着かせる:

« GMの旧型国電に鉄コレの動力を組み込む2 | トップページ | マイクロED16のドレスアップ »