« 101系中央線 | トップページ | KATOさんが手をあげました。 »

中央線’79

101系入線記念に、国鉄時代の中央線を走らせました。
P1020493
 201系が新製配置された1979~1981年ころを想定しています。 
 

P1020496
 201系は1979年に試作車が登場。省エネ電車のヘッドマークを付けて走っていました。
 量産車が出場したのは、1981年。これにより101系が淘汰されました。

P1020495
 103系は中央線では少数派でしょうか。
 101系が大量増備され、その代替に201系が集中配置された中央線では、103系はメインの系列とはなりませんでしたが、70年代後半からの冷房化推進の流れの中で、老朽化した101系を冷房化する代わりに、103系冷房車が配置されていきました。
 したがって、オリジナルの1灯車はあまり見かけなかったように思います。
 その代わりに、関東ではめずらしい低窓2灯のクハ103がおりましたし、その後の設計変更で高窓のクハ103も走りました。これは、京浜東北や山手のATC準備車にATC機器を載せるかわりに、機器付のクハを新製し、機器なしのクハをATCの必要ない中央線に転属させたものと思われます。

P1020497
 特快運用の101系と快速運用の101系。
 101系も70年代後半になると見劣りがするようになり、特快運用はあまりなかったかもしれません。

P1020498
 中央東線の急行といえばアルプス。先頭車は、70年代後半にはシールドビーム改造されていました。

P1020499
 また、付属編成の4連が、クハ-クハ-モハ-クモハとクハが2両続くのが特徴でした。付属4連はこまがね号として、飯田線に乗り入れる運用もありました。

P1020500
 基本編成はサハシ-サロ-サロを挟んだ豪華編成。サハシの代わりにサハ164を連結した編成もありました。
 末期にはビュッフェは営業していませんでしたが、急行華やかしころの編成です。

P1020501
 特急あずさは、幕張の183系0番台と長野の189系が担当。183系1000番台が活躍するのは上越新幹線開通後からです。

P1020494_2
 このころは、115系の長距離普通列車が新宿まで乗り入れてました。もっとも70年代後半には冷房付の300番台が増備され、0番台非冷房車は、70系に代わってローカル運用に就いていたと思います。



↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 101系中央線 | トップページ | KATOさんが手をあげました。 »

001 鉄道模景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54082556

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線’79:

« 101系中央線 | トップページ | KATOさんが手をあげました。 »