« トレーラーコレクション第6弾 | トップページ | 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング »

ワム70000

P1020563
 KATOから発売されたワム70000。
 D51の発売を前に、同機が活躍していたころの貨車を充実させる目的のようです。
 プレス車体の黒い有蓋車には、ワラ1に続いての製品化です。
 ワム70000は、一枚扉のワム90000から完成形であるワラ1への過渡期的存在で、扉の開口部が2300mm。ワム60000とワラ1はそれぞれ2700mmと、より広くなっています。広くしたのは、小型のフォークリフトでの荷役を可能にするためだそうです。
 Nゲージにすると、わずか2.5mmの差しかありませんので、並べないとわからないでしょう。

 ワム70000の端梁間の全長は7050mm。1/150で、ジャスト47mmです。
 測ってみましたら、ピッタリでした。こうなってくると、大きいワム800000のリニューアルを期待したいですね。

P1020564

P1020565
 マイクロエースのワム70000と並べてみました。
 寸法的には全く一緒。KATO製はサスペンションが効いている分リードした感じですが、あいかわらずの未塗装ボディはいかがなものか。

P1020566
 すぐに工場に入ってもらい、ウエザリングをしました。

P1020572
 以前、貨車整備でおこなった、ジャーマングレーとレッドブラウンを極々薄めて全体に吹き付けるやり方です。落ち着いた姿になりました。


P1020573
 ワラ1と並べて、違いを見てみます。
 確かに、ワラの方が、扉部分が広い。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« トレーラーコレクション第6弾 | トップページ | 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54248600

この記事へのトラックバック一覧です: ワム70000:

« トレーラーコレクション第6弾 | トップページ | 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング »