« 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング | トップページ | 貨車整備 30 化成品タキのウエザリング »

DD16 重体

 かねてから不動の状態であったマイクロのDD16。
P1020583
 オーバーホールしてみましたら、モーターが再起不能です。


 分解の難しい凸型DLですが、
 キャブ
 ライトスイッチ
 カプラー
 ボンネット
 ライトユニット
 ランボード
の順で取り外していきますと、無理なく分解できました。

 キャブは、排気塔の部分に爪がありますので、線路方向の力を加えてあげると外れます。

P1020581
 ボンネットは、車端部の爪で固定されていますが、つめを外そうとせず、ランボードを広げて爪の引っ掛かりを外してあげると簡単に取り外せました。


P1020582
 動力ユニットの分解は、枕木方向のビスを外すだけです。

 そこで冒頭のモーターを取り出して、手で軸を回してみたところ、ブラシが引っ掛かっているような感触。

 引っ掛かりが軽くなるまで手で回し、その後通電してみると、なんとか回転を始めましたが、フルスロットルでも弱弱しい回転。

 その後も回転数があがることはなく、完全停止してしまいました。

 モーターを開けてみましたら整流子が黒焦げ。
 クリーナーで回復するような、生易しいものではありません。

 モーターにはウオームギアが打ち込んであって、完全には分解できないので、修繕をあきらめました。


P1020584
 モーターを抜いたまま組みなおし、無動力回送は出来ますが、DD16、重体です。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング | トップページ | 貨車整備 30 化成品タキのウエザリング »

600 日常のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54256463

この記事へのトラックバック一覧です: DD16 重体:

« 貨車整備 29 テム・テラのウエザリング | トップページ | 貨車整備 30 化成品タキのウエザリング »