« D51 498 オリエントエクスプレス | トップページ | 鉄コレ東急6000系 »

キハ58系急行アルプス・八ヶ岳・かわぐち号

 TOMIXのキハ58系に新たなラインナップ登場。

P1020517
 1975年まで新宿を発着していた気動車のアルプス号。2エンジンのキロ58目当てに購入となりました。

P1020514
 ついでに富士急行所有のかわぐち号も増備です。

 アルプスセットの構成は、基本・増結ともに
 キハ58
 キロ58
 キハ65
 キハ28
が1両ずつ入っていて、キハ58がM付きかどうかが、基本・増結の違いです。

 またアルプス号所定の10両編成とするには、基本・増結セットの他に、単品のキハ58が2両必要となります。

 かわぐち号は、富士急行が新宿直通列車を運転するために、1962年に製造した車両で、まさに非冷房のキハ58系です。
 セット内容は、キハ58001と58003の2両で、58003が両運転台車のM付です。ちなみに、58001もキハ58そのものではなく、少し違いがありました。

 時代設定としては、キロがグリーン車、普通車も冷房付ですので、1等車がグリーン車となった1969年以降ということになります。

 このころのかわぐち号の併結は、上りアルプス2号と下り3号の1往復だけで、併結しないアルプスもありましたので、かならず併結しなければならないものではありません。
 また、非冷房のキハ58を2両持っているのであれば、キハ58001+58002に見立てて、併結してもよいと思います。

 上記のとおり、キロ58は、1セットに1両しか入っていません。所定の両数揃えるには、2セット必要です。

 本当は、キロだけ購入して、残りは手持ちの車両と単品を買い足して編成を組もうと思っていたのてす。しかし、そうは問屋が卸さない。
 まあ、キハ65は買い足す予定でしたし、キハ28も単品とはルーバーの位置が違うというので、納得のうえ?2セット購入となりました。
 
 もっともいずれのセットも車両構成は同じですので、すでにTOMIXのキハ58M車を持っている私としては、増結セットを2個買い、ささやかなレジスタンスとさせていただきました。

 まずは、キロ58。キロ28の2エンジンですが、一見して違うのは、屋根上の水タンクくらいです。
P1020518
 下がキロ58、上がキロ28 2000番台
 側面では、給油口が2か所にある点が違いですが、Nゲージでも造り分けた方が望ましいアクセントでしょう。

P1020519
 奥がキロ58で、屋根上の水タンクが目立ちます。58のクーラーは8角形のAU12ですが、キロ28も初期の冷房車はAU12を付けています。

P1020520
 2エンジンと1エンジン+冷房用電源。


 続いてキハ28ですが、
P1020523
はっきり言って、単品と今回のセットでどこが違うのかわかりません。

 ルーバーが違うというので、良く見てみますと、
P1020521
 今回のセットは、海側の窓間にルーバーがありました。
 一方、単品は、
P1020522
 山側の窓下にありました。
 私としては、HOレベルのこだわりだと思いますが、思入れのある方には、涙が出るほどの作り分けなのでしょう。

 次は、富士急行キハ58
 まずは、片運の58001。
P1020524
 キハ58そのものかと思いましたが、

P1020525
富士急行には、雨どいに赤のラインが入っていました。

P1020526
 また、タイフォン下のジャンパ栓受けの位置というこだわりも発見しました。

 キハ58003の方は、
P1020527
 58顔で両運というのが新鮮です。大きな戸袋窓もユーモラス。

P1020530
 左が58003。ジャンパ栓受けの位置も58001と同じです。

 当初は、58003の動力をキハ58に回し、58003はトレーラーにしようと思っていました。
P1020528
 しかし、58003の動力は、両運用。おそらくキハ52のものだと思いますが、キハ58に回すのはきびしいようです。

 最後に1973年ころの気動車アルプスの編成と運用です。
 このころは、上りの2、3号、下りの3、5号がキハ58系で、基本編成を基準にすると、上り2号、下り3号、上り3号、下り5号の順に運用。

 上りアルプス2号(松本7:15発 新宿11:56着)は、こまがね1号(天竜峡5:38発)、かわぐち1号(河口湖9:49発)との併結で、新宿よりから、
 基本編成松本発(1~5号車)
 付属3両編成松本発(6~8号車)
 付属2両編成こまがね号天竜峡発(9・10号車)
 富士急編成かわぐち1号河口湖発(11・12号車)の12連

 下りアルプス3号(新宿13:05発 糸魚川20:42着)は、八ヶ岳号(中込18:44着)とかわぐち4号(河口湖15:14着を併結)で、新宿よりから、
 基本編成松本行(1~5号車)
 付属3両編成糸魚川行(6~8号車)
 付属2両編成八ヶ岳号中込行(9・10号車)
 富士急編成かわぐち4号河口湖行(11・12号車)の12連

 上りアルプス3号(糸魚川8:57発 新宿15:51着)は、八ヶ岳号(小諸10:31発)との併結で、
 付属2両編成八ヶ岳号小諸発(増結1・2号車)
 付属3両編成糸魚川発(増結3~5号車)
 基本編成松本発(1~5号車)
 付属2両編成松本発(6・7号車)の12連

 下りアルプス5号(新宿17:00発 松本22:09着)は、こまがね3号(天竜峡23:32着)と併結で、新宿よりから、
 付属2両編成松本行(増結1・2号車)
 付属3両編成松本行(増結3~5号車)
 基本編成松本行(1~5号車)
 付属2両編成こまがね号天竜峡行(6・7号車)の12連

 基本編成は、
 新宿よりから、キハ58-キハ28-キロ58-キロ58-キハ28の5両編成で、すべて新宿・松本間の運用です。新宿よりから1~5号車になります。

 付属3両編成は、
 新宿よりから、キハ58-キハ65-キハ58
 運用は、
 上りアルプス2号の6~8号車として松本→新宿間
 折り返し、下りアルプス5号の6~8号車として新宿→糸魚川
 翌日は上りアルプス3号の増結3~5号車として糸魚川を出発し、松本で基本編成の新宿寄りに連結して新宿
 折り返し、下りアルプス5号の増結3~5号車として新宿→松本

 付属2両編成は、
 新宿よりから、キハ65-キハ58
 運用は、上りアルプス3号の6・7号車として松本→新宿
 折り返し、下りこまがね3号の6・7号車として、下りアルプス5号に併結して新宿を出発、辰野で分割して天竜峡
 翌日は、上りこまがね1号の9・10号車として、天竜峡を出発し、辰野で上りアルプス2号の松本寄りに連結して新宿
 折り返し、下り八ヶ岳号9.10号車として、下りアルプス3号と併結、小淵沢で分割して中込
 3日目は、中込から小諸まで普通列車として運用したのち、
 増結1・2号車として小淵沢に至り、小淵沢から上り八ヶ岳号増結1.2号車として上りアルプス3号の新宿よりに併結して新宿
 折り返し、下りアルプス5号の増結1・2号車として新宿→松本

 富士急編成は、
 キハ58001,58002,58003のうち2両を使った編成です。
 上りかわぐち1号の11・12号車として河口湖を出発し、大月で上りアルプス2号の松本寄りに併結して新宿
 折り返し、かわぐち4号の11・12号車として、下りアルプス3号と併結して大月で分割、河口湖に至りました。

 以上より、セットは、下りアルプス3号(基本編成松本行き、付属編成糸魚川行)、八ヶ岳号、かわぐち4号の編成ということになります。

 ちなみに私の乗ったのは上り3号ですので、富士急行の編成は不要ですが、キハ65-キハ58の2連がもう1本必要でした。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« D51 498 オリエントエクスプレス | トップページ | 鉄コレ東急6000系 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

こん**は。おひさしぶりです。

「アルプス、八ヶ岳」ですが20年ほど前にTOMIXでHGキハ58,65が発売された時に上り3号、下り5号の編成を組成しておりました。
キロ58はキハ58,キロ28間で部品のコンバート+冷房等小改造によりキハ28,キロ58を作り上げたわけです。既製品での改造なのでルーバーなどは実車とは異なりますが。
今回の発売でフル編成購入すると大変高価となるので富士急のキハ58だけでもほしいですね。

 私もかつて上り3号で信濃森上から新宿まで。下り3号で新宿から塩山まで乗った事あります。下り3号では2号車自由席に乗ったのですが所定ではキハ28に対してキハ65だったのを覚えています。

投稿: EF6480 | 2012年3月19日 (月) 午前 12時27分

お久しぶりです。

EF6480さんにとっては、アルプスは外せませんね。キロ58を合成してしまうとはさすがです。

私は、高校の登山の帰りに乗りました。
そのときは、ビュッフェでそばでも食べたいと思っていたので、ディーゼルが入線してきて、がっかりでしたが、今となっては良い経験ができたと思います。

投稿: e231green | 2012年3月19日 (月) 午前 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54135634

この記事へのトラックバック一覧です: キハ58系急行アルプス・八ヶ岳・かわぐち号:

« D51 498 オリエントエクスプレス | トップページ | 鉄コレ東急6000系 »