« KATO タキ9900日本石油輸送 | トップページ | 知らなければ気にならないのに »

ぐるぐる回ってるのを見て何が面白いの!?

P1000585
 子供の誕生日にプレゼントしたカント付の複線線路セットです。
 リビング平原を周回する列車を見て、題名の言葉を思い出しました。

 ぐるぐる回ってるのを見て何が面白いの!?
 鉄道模型に興味の無い方が揶揄するときの決まり文句ですね。

 確かに列車が周回する全貌が見えてしまうとありえない風景。
 ぐるぐる回る電車があるとすれば、遊園地のトーマスとか。そんな風に見てたら、何が面白いのかということになりますな。

 一方遊んでいる本人は線路わきの建物や田畑、はるかかなたの海や山を思い描いているわけで、くるくる回るのを見ているわけではない。

 いっそのこと、ついたてを立てて、エンドレスの半分を関してしまえば、見えるのは目の前を通る列車のみ。ときどき、反対方向に走らせれば、上りと下りが演出できるというもの。

 さらに発展させて、手前はゆったりカーブで実感的な風景、裏方はミニカーブでスペースを確保というのも、おもしろそうです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« KATO タキ9900日本石油輸送 | トップページ | 知らなければ気にならないのに »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54442205

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるぐる回ってるのを見て何が面白いの!?:

« KATO タキ9900日本石油輸送 | トップページ | 知らなければ気にならないのに »