« 富楠駅の再改修 5 | トップページ | 富楠駅の再改修 7 »

富楠駅の再改修 6

跨線橋の脚を延長します。

P1020714
 使用するホームの高さはちょうど10mm。


P1020715
 脚の方は、H型鋼で組成された形になっており、一辺の長さは2mmでした。

 さて、H鋼をどうやって作ろうかと手持ちの材料を物色すると、

P1020716
 2×0.5mmの帯板と1mm角棒がありました。これを組めば2×2mmのH型鋼ができます。

P1020717
 さっそく10mm長に切り出して、

P1020718
 Hの形に接着しました。

P1020719
 一方脚の方は、上部に橋を支える台がついているので、これを切り離して、

P1020720
 H鋼を接着し、

P1020721
 その上に台を移植しました。

P1020723
 ようやく橋が水平を保てるようになりました。


 階段の方は、土台部分をかさ上げして高さを稼ぐことにします。

P1020724
 階段の高さは約1.3mm

P1020725
 階段の幅は13mm、ちなみに1段の奥行きは2mmでした。


P1020726
 1.2mmのブラバン7枚重ねて、かさ上げをしました。


 約10mmかさ上げするには8枚必要ですが、8枚目は、駅舎への通路敷となるかもしれないので、通路を決定してから取り付けます。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 富楠駅の再改修 5 | トップページ | 富楠駅の再改修 7 »

211 ローカルモジュール」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです、、、、たのきゅうのツマです
過去記事へのコメント失礼いたします

ジプシー、鉄道模型作るんですね、、、息子と気があいそうです
息子、この6月から網走駅に勤務になりました
もし駅に行く機会があって國分ってネーム見たら微笑んでやってください
網走に行く機会、私も増えそうです

投稿: こくぶ | 2015年5月27日 (水) 午前 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54390740

この記事へのトラックバック一覧です: 富楠駅の再改修 6:

« 富楠駅の再改修 5 | トップページ | 富楠駅の再改修 7 »