« 富楠駅の再改修 6 | トップページ | 富楠駅の再改修 8 »

富楠駅の再改修 7

 ジオラマコレクションのジオラマ素材「砂利」です。

P1020728
 ビニール袋入りだと思っていましたが、ボトル状の容器に入った製品です。


P1020729
 ホームに使おうと思い購入してきましたが、

P1020730
 ホームの砂利としては大きすぎました。バラスト用と考えた方がよさそうですね。
 ボトルは、バラストまきには最適かもしれません。

 ホーム上は、予定通り、もっと目の細かいパウダーをまくことにします。


 さて、昨日作成した跨線橋の登り口の階段ですが、むき出しの階段で1.5mのぼるというのは、設備として不自然です。

 やはり、屋根と壁で囲まれた階段部分を継ぎ足した方がよさそうです。
 10mmのぼるようにするには、どの程度の壁を新製すればよいか。

P1020732
 測ってみますと、壁1枚分で9mmくらい登りますから、これを作ればよいことになります。


P1020733
 ブラバンでそれらしく作ってみました。なでしこジャパンを見ながらでしたので、途中の経過はなしです。


P1020734
 まあ、それなりに形になってきた跨線橋です。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 富楠駅の再改修 6 | トップページ | 富楠駅の再改修 8 »

211 ローカルモジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54397767

この記事へのトラックバック一覧です: 富楠駅の再改修 7:

« 富楠駅の再改修 6 | トップページ | 富楠駅の再改修 8 »