« こどもの日の乗り鉄 2 | トップページ | 急行津軽 »

鉄道模型におけるダイヤ

 久々にヤードの話ですが、その前にダイヤの話を少し。

 実物の鉄道ではダイヤグラムを作成し、最小の設備で最大の輸送力を発揮しています。
 それでは、鉄道模型ではダイヤグラムは必要でしょうか。

 結論から言うと、実物の鉄道のようなダイヤグラムは不要です。

 実物の鉄道では、
 輸送量を予測して、これを輸送するのに必要な列車を設定し、スジをひきます。
 折り返しとなるスジをつなげて、最低限必要な列車本数・必要車両数を算出し、不足する車両は新造します。
 線路設備面でも、急行列車と普通列車のスジが交わるところに、追い越しの設備を作ることになりますし、単線では、上り列車と下り列車のそれぞれのスジが交差する駅に行き違いの設備を作り、上り列車と下り列車が同時に走れるようにして、最小の投資で最大限の輸送力を発揮させます。

 模型の鉄道では、そもそも輸送量など想定しませんから、必要な列車数、車両数も出てきません。待避線などの駅の設備も、どこに作ると効率的かという思考とは無関係です。
 初めに車両と線路設備ありきで、好きな時に好きなように走らせるているのが普通ですから、そこに最小の設備で最大限の輸送効率などという目的意識が入り込む余地はありません。

 実際問題としても、起点から終点まで数分で到達してしまう模型の鉄道では、行き違い設備なし、列車本数1本で事足りてしまうのであって、ダイヤグラムを作成する必要がありません。

 もっとも、実物の鉄道をまねて、ダイヤグラムのとおりに模型を走らせることは楽しいことで、そういう楽しみ方を否定するつもりはありませんので、念のため。

 それでは、模型の鉄道では、最小の投資で最大限の効率をあげなければならない場面はないでしょうか。

 あります。ここでヤードの話です。より多くの列車を留置線に留めておくことができれば、運転の楽しみが増幅します。ここでダイヤが役に立ちます。

 まずは、何本の列車を走らせるのか、1本の列車は何両編成なのかを想定しましょう。
 特急、快速、普通の3列車くらいは留めておきたいところでしょう。私のように1972年の東北線を再現したいとなればおのずから列車本数と編成が決まってしまいます。

 長編成の列車を多数走らせたいのが人情ですが、そこは許されるスペースと相談です。すでにレイアウトが出来てしまっている場合には、MAXが決まってしまいますから、不満があればヤード拡張を検討しなければなりません。

 本数と編成が想定できたら走行順序=ダイヤです。
 既存のヤードに余裕で収まる列車しか留置しないのなら、あとは適当に走らせるだけでダイヤは不要ですが、人間は欲深ですから、収容能力ギリギリあるいは超えてしまうのが普通です。この場合は走行順序=ダイヤを決めておかないとスムーズな出入りが困難になります。

 次回は、ダイヤのサンプルを作ってみようと思います。

 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« こどもの日の乗り鉄 2 | トップページ | 急行津軽 »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54467393

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型におけるダイヤ:

« こどもの日の乗り鉄 2 | トップページ | 急行津軽 »