« EF57 | トップページ | クモユニ74 »

急行津軽 スロフのテールライトを点灯化しました

 EF57とともに発売になった津軽。
 下り1号、上り2号の4~11号車までの身軽な編成。下り2号、上り1号は、マニとスロフの前にハフ、ハ、ハネ(時代により変遷あり)の1~3号車が増結になります。


P1020944
 マニ37 2017
 妙高セットではテールライトが点灯しませんでしたが、今回は点灯します。但し、消灯スイッチがついていません。

P1020945
 マニ36 2337
 スロ50スロネ30の改造車だそうで、切妻のマニ36は初めての製品。

P1020946
 こちらもテールライトが点灯します。スイッチもついています。しかし、カプラーがジャンパケープル付のものになってます。マニ37用の台車を買ってきて、かもめナックル仕様にすると使い勝手がよさそうです。
 マニ36には折妻のものもありました。次はこれをお願いします。それにしても、数年前までは荷物車の完成品といえば、マニ60とマニ50くらいだったのに、ぜいたくな希望をもつようになったものです。

P1020947
 4号車 スロフ62 2024
 
P1020948
 テールライトは点灯しませんが、

P1020950
新規の床板で、スイッチの穴がついています。

P1020951
 分解してみました。このセットのマニ36と同じ構造のようです。車端に来なくともよいマニよりもスロフを点灯させたいので、点灯パーツ一式をスロフにもってきてしまいます。 実車も秋田-青森間でスロフが編成端だった時期がありました。ED75700に牽かれる時代だったと思います。

P1020954
 マニから取りだした点灯パーツです。スイッチと集電板(今回の製品から集電板はASSYパーツになりました。)のパーツがassyになっていないんですね。これさえあれば、点灯させられる車両がたくさんあるのですが、セットを買ってくださいということでしょうか。

P1020955
 セットしてみますと、台車をとめるビスの穴とテールライトユニットに開いた穴の位置が一致しません。

P1020956_2


 テールライトユニットの一部を削って一致させました。

 あとは、スイッチと集電板をセットして、
P1020958
無事、点灯するようになりました。

P1020959
 5号車 オロネ10 2056
 サボ・標記以外は妙高、能登セットと同じです。


P1020960
 6号車 スハネ16 2235
 7号車 スハネ16 2155
 いずれも、サボ・標記以外、能登セットのスハネ16と同じです。 

P1020962
 8号車 オハ46 2014

P1020961
 アルミサッシにしただけでなく、キャンバス押えのない妻板になっています。

P1020963
 9号車 オハ47 2322
 妙高セットと同じですが、別パーツの窓枠の塗装が向上し、車体と同じ色合いに見えます。

 10号車 オハ46 2029
 11号車 オハ46 2032
 これも8,10号車と同じですが、津軽に近代化改装車がこんなに入るのかちょっと疑問。十和田に状態の良い車両が入るのではないかと・・・・


P1020966
 12号車 オハフ33 2564
 妙高では木製ドア仕様でしたが、津軽では単品と同じ仕様のようです。しかし、KATOはオハフ33が好きですね。スハフ42でも良いわけですが、妙高に続いてオハフ33の設定となりました。

 セット全体の感想としては、オハ46やスロフ62など渋いところで差別化されており、旧客好きにはたまりません。
 続いてオハフ45もお願いしたいところです。
 それから、いまだ製品化されない、スハ42、その軽量化改造車のオハ36、さらに電暖化したスハ40はぜひ製品化していたただきたい。東海道山陽方面の急行には結構オハ36が入っていたように思います。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« EF57 | トップページ | クモユニ74 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
「津軽」 のレビュー楽しく拝見させて頂きました。
私は関西在住なので,この列車は余り知りませんが
車両群は懐かしい顔ぶればかりで良いですね。
色んな車両バリエーションが楽しめて,良い時代になりました。

投稿: YANチョ | 2012年5月27日 (日) 午前 11時48分

YANチョさんはじめまして。

関西にも良い列車がたくさんありましたね。

東京から桜島・高千穂で大阪へ行き、だいせんに乗って山陰を旅したことがありました。

宿代を浮かせるために夜行のさんべに乗りましたら、寝台はオロハネ10、指定席はスハ44で模型を現実化したような編成でした。
オロハネもセットとはいえ完成品が出てるんですね。本当に良い時代です。

投稿: e231green | 2012年5月29日 (火) 午前 03時33分

思いがけず、スロフのASSYを残り1セットで手に入れました。ニセコのASSYでマニ36が3両あるので、基盤を流用して点灯化しようと思いました。基盤をどんな方法で削るのですか。

投稿: 相模線 | 2012年6月16日 (土) 午後 05時48分

相模線さん

お返事が遅くなりましてすみません。

ライトユニットは、カッターかデザインナイフで削ります。少しずつ、現物合わせで削っていけば、失敗はないと思いますよ。
是非、点灯させてください。

投稿: e231green | 2012年6月20日 (水) 午後 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54803904

この記事へのトラックバック一覧です: 急行津軽 スロフのテールライトを点灯化しました:

« EF57 | トップページ | クモユニ74 »