« 特急いなほ | トップページ | くろしおからいなほへ »

キハ81系くろしお

 くろしおが発売となりました。

P1020870
 セット構成は、片方をキハ81、他方をキハ82を先頭車とし、キロ2両、キシ1両を組み込んだ7両基本セットと、キハ81が1両とキハ80が2両の増結セットからなります。今回は3両入りの増結セットも基本セットと同じ大きさのケースになっています。

P1020880
 今回の製品は完全に「くろしお」に特化していて、ヘッドマークもサボのシールも「くろしお」の物のみセットされています。


 まずは、キハ81
P1020881
 連結器カバーの外された姿。カバーがついていたのは、「はつかり」のときだけのようです。

P1020882
 屋根上には、常磐線無線アンテナの配線と取付足。これは、はつかり時代につけられたものか、ひたちの運用の際につけられたものか。昭和37年の三河島事故を契機に、常磐線に入る車両には無線を搭載することになったので、よんさんとおまで常磐線を走っていた「はつかり」には装備されていてもおかしくないということになります。


P1020888
 レジャンドコレクションのものと並べてみます。連結器カバー、運転室クーラー、無線アンテナ以外は同じでした。

 キロ80
P1020885
 屋根上に水タンクのある普通のキロ80です。


P1020889
 初期型。水タンクのほか、ダクトの配管、


P1020890
エンジンの表現か違いました。

 キハ80
P1020886
 

P1020891
 ダクトに配管、エンジン表現の違いはキロ80と同じです。


 キシ80
P1020887

P1020892
 レジェンドコレクションでは、キサシ80です。

 ところで、転用するつもりの「いなほ」ですが、「いなほ」・「ひたち」に運用されていた秋田機関区の時代には、キロ80の初期車やキシ80の900番台(キサシ80からの改造で食堂の窓が一つ多い)、キハ82,キハ80の900番台(キロ80初期車の改造車で客室窓がキロの寸法)が共に配置されていて、一癖ある編成となっていましたが、これらは和歌山に転属しなかったので、「くろしお」セットの中間車は上記のとおり普通のキハ80系です。

 そうなると、いなほへの転用に支障が生じそうですが、秋田にも、かろうじて1両ずつ、普通のキロとキシがおりましたので、「くろしお」セットのまま、編成を替えるだけで「いなほ」になることが判りました。

 もっとも1両くらいは、特徴ある車両を組み込みたいところ。さしあたって、はつかりセットのキロの1等表記をグリーン車のマークに変更すれば対応できます。


 


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 特急いなほ | トップページ | くろしおからいなほへ »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

大佐と申します。

自分も、くろしお⇒いなほへの変更を予定しています。

とても参考になりました。

投稿: 大佐 | 2012年5月20日 (日) 午前 12時24分

はじめまして。

関東の人間にとってはいなほ、ひたちですね。

少し不安なのは、くろしおに続いていなほ、ひたちを製品化しないかですね。まあ、そのときはそのときということですね。

投稿: e231green | 2012年5月20日 (日) 午後 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/54726320

この記事へのトラックバック一覧です: キハ81系くろしお:

« 特急いなほ | トップページ | くろしおからいなほへ »