« とりあえずクハ111 | トップページ | 荷物列車と111系のASSYから »

KATO111系

P1030304
 昨日発売となった111系

 気になる点を見てみます。

 

クハ111
 外観は昨日見ましたので、機構面をちょっと。
 これまで、KATOの先頭車どうしを連結すると、連結面間隔が相当広がってしまっていましたが、
P1030287
111系では先頭車にも中間車と同じカプラーを使用していて連結面がリアルになりました。

P1030288
 中間車と同じカプラーですので、先頭車+中間車の連結も何の問題もありません。

P1030291
 基本セットには、クモユニ74用のカプラーセットが同包されています。

P1030292
 ASSYパーツ一覧表によるとクモユニ用とクハ用は別物とされていますので、 どう違うのか比べてみました。

P1030289
 一見して違いは判りませんが、

P1030290
 よく見ると、台座の角が丸まっているか、角ばっているかの違いが判ります。クモユニは切妻なので角ばっていて良いということなのでしょうが、それなら丸まったもだけ用意すればよい気もします。
 いずれにしても、分売パーツとして多数流通させてもらいたいものです。

P1030295
 そのほかの同包パーツ
 ジャンパケーブルと胴受け+ジャンパ栓。

P1030293
 貫通幌。東京地区では、東京向きのクハに取り付けるのが原則ですが、付属編成の東京方クハは中間に入ることがないので、幌が付いていたのかどうかわかりません。

P1030296
モハ110
 そつのない出来栄えです。

P1030297
 ちなみにグローブベンチレータは、クハ103用となっています。KATO初の電車製品のパーツが45年の時を経て採用されています。


P1030298
モハ111


P1030300
サロ110
 KATOの押し込みベンチレータといえば屋根と一体というのが定番でしたが、今回の製品で別パーツ化されました。

P1030301
  屋根に小穴を開けて取り付けられていますので、クーラー取付もそう大変ではなさそう。もっとも、しばらくしたら113系+冷房化サロ製品化があっても不思議ではありせんから、拙速な冷房化は控えた方がよさそうです。

P1030303
サロ111


近郊型電車は、当初、クハをサハの代用としていたので、車種はこれだけです。

次回は、クモユニの併結を見てみます。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« とりあえずクハ111 | トップページ | 荷物列車と111系のASSYから »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/55083431

この記事へのトラックバック一覧です: KATO111系:

« とりあえずクハ111 | トップページ | 荷物列車と111系のASSYから »