« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

宇都宮の機関車

 EF58108が動けるようになりましたので、宇都宮の機関車を走らせてみました。

 1970年代に宇都宮運転所に配属されて活躍したEF56,57,58,65PFの面々です。


続きを読む "宇都宮の機関車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮のゴハチを作る 4

 EF58108、完成としました仕掛放置となるのを阻止しました。
P1030710


続きを読む "宇都宮のゴハチを作る 4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮のゴハチを作る 3

 リゾートセクションが終わりましたので、仕掛中でしたEF58108を再開します。

P1030702
 つらら切を取り除いたところでストップしていました。ボディに傷がつかないよう気を付けましたが、技術が追い付かなかったようです。


続きを読む "宇都宮のゴハチを作る 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リゾートセクションを信州の列車が走る

 ボート池をN周回線に設置しリゾートセクションが完成しました。
P1040701_2

続きを読む "リゾートセクションを信州の列車が走る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボート池のシーナリーセクション 3

P1030696
 ボート池、完成しました。


続きを読む "ボート池のシーナリーセクション 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボート池のシーナリーセクション 2

P1030690
 池になる部分をスチロールカッターで切り取りました。


続きを読む "ボート池のシーナリーセクション 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボート池のシーナリーセクション 1

 牧場とドイツの街並みの間に入るボート池セクションです。

P1030679
 ジオコレのボート乗り場を使用します。


続きを読む "ボート池のシーナリーセクション 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧場とドイツの街並みを周回線に設置しました

 牧場とドイツの街並みが一応の完成をみたので、N周回線に設置してみました。
P1030672


続きを読む "牧場とドイツの街並みを周回線に設置しました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.4 ジオコレ電飾キット

P1030636
 ジオコレの電飾キットを組み込みます。電球色のセットAを出してきました。


続きを読む "ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.4 ジオコレ電飾キット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.3

 植樹し、小物を整備しました。
P1030629


続きを読む "ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.2

 地面を塗装したボードにターフやフォーリッジを貼り付けました。
P1030615


続きを読む "ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.1

 教会とペンションの街並みは、建物の配置から。
P1030610
 曲がりくねった道を想定して建物を配置してみました。


続きを読む "ドイツの街並みのシーナリーセクション 2.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの街並みのシーナリーセクション 1

 牧場のベースが使いやすかったので、放置状態だったドイツの建物もシーナリーセクションにすることにしました。
 ひとつは牧場に接続できるように教会とペション風の建物をまとめます。
 vollmerのカタログのこんな雰囲気に。

続きを読む "ドイツの街並みのシーナリーセクション 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーナリーセクション 牧場 2

 牧場の地面を塗装して、フィギュアを配置しました。

P1030593


続きを読む "シーナリーセクション 牧場 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KATOさんは485系で反撃

 KATOさんが485系300番台を新規作成するそうです。

 TOMIXさんが183系を出すのに対して、KATOさんは485系に殴り込み、という様相ですね。FANにとっては大歓迎です。

 KATO製品は、イラスト入りヘッドマーク標準装備だそうで、1978年10月改正以後の姿。東北特急でいえば、新幹線開業までの最全盛時代のころの時代設定となります。

 このころの編成は、6号車サロ、7号車のサシで統一されていましたが、所属する車両基地によって編成が異なっていました。

 KATO製品もその微妙な違いを再現できるように商品構成されています。

続きを読む "KATOさんは485系で反撃"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »