« 北斗星の編成 3 | トップページ | 今月の鉄本 1 »

北斗星の編成 4

 平成11年7月改正で、北斗星は3往復から2往復に削減されました。
 具体的には、東日本と北海道の共同運行であった3,4号を廃止し、従前の5,6号が3,4号に繰り上がりました。

 そのかわりに、この改正から
P1040058
カシオペアが運転を開始しました。


 

P1040059
 カシオペア色のEF81も登場し、


ときおり、北斗星の先頭に立つこともありました。

 平成18年3月から平成20年3月まで、列車の向きが再び逆転しました。
 青森駅で夜間構内線路工事を行うために、北斗星は青森駅に立ち寄らないこととなりました。
 青森駅はスイッチバック式で、立ち寄る列車は方向を変えることになりますが、青森駅をスルーすることにより、上野駅では電源車を先頭にして入線することとなりました。

 この編成逆転は平成20年3月改正まで、2年間続きました。

 平成20年3月改正で、北斗星は編成を三たび逆転しただけでなく、1往復体制になりました。
 今度は、青函トンネルの新幹線工事の時間をねん出するための減便だそうです。

 1往復体制になるにあたり、編成は優等車両と食堂車がJR東日本の、B寝台車がJR北海道の担当となり、次のような編成となりました。

 上野方から

1号車 オハネフ25 
2号車 オハネ25 560
3号車 オハネ25 560
4号車 オハネ25 560
5号車 オハネ25 550
6号車 スハネ25

7号車 スシ24
8号車 オロネ25
9号車 オロハネ25
10号車 オロハネ24
11号車 オハネフ25
電源車 カニ24

この編成が、KATOのデラックス編成となります。


さて、運転開始よりEF81の牽引で運転されてきた北斗星ですが、平成22年7月から、EF510-500に変更となりました。

P1040060
北斗星色のみならず、カシオペア色も登場しました。

 以上が、運転開始から現在までの北斗星の編成です。

 


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« 北斗星の編成 3 | トップページ | 今月の鉄本 1 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。
いつもブログの方拝見させていただいております。
北斗星の編成に関してなのですが、JR東日本と車JR北海道車混合の編成になってからしばらくは確かに今回記載の編成でしたが、
実は数年前に変更され、現在では2号車がオハネフ25が所定の編成となっています。
JR東日本の北斗星のページでも2号車はB寝台となっており、オハネフ24-501やオハネフ25-216がよく入ることで話題になっています。
JR北海道持ちのオハネフ25-560は6両しかなく、北斗星往復の運用で全く余裕がないため以前から検査等でよく代走(この代走もよくオハネフ24-501が入って話題になりました)がありましたが、結局2両×2往復の運用として余裕を持たせたようです。
TOMIXとKATO両方ともこの変更が再現されないままですが、模型ではなんとか再現してみたいですね。

投稿: parastandard | 2012年10月27日 (土) 午後 11時56分

parastandardさん、はじめまして。

お返事が遅くなりまして大変失礼いたしました。

2号車の情報ありがとうございます。近くを走っていながら全く知りませんでした。

改造車が入ったとなると厄介ですが、オハネフ25であれば、単品を買い足しすことで再現可能ですね。

早速、やってみようと思います。

投稿: e231green | 2012年11月10日 (土) 午前 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/55968505

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗星の編成 4:

« 北斗星の編成 3 | トップページ | 今月の鉄本 1 »