« 北斗星の編成 1 | トップページ | 北斗星の編成 3 »

北斗星の編成 2

 運転開始から1年を経過した平成元年3月11日改正で、季節列車であった3,4号が、定期列車に格上げされ、同時に、個室寝台や食堂車も連結するようになりました。

 1,2号では、6号車のスシ24が5号車に、5号車のスハネ25が6号車に変更されました。

P1040031
改正前

P1040032
改正後

 5,6号では、あらたに

P1040033_2
オロハネ24が2号車に組み込まれて12両編成となりました。

 また、1,2号と同様に6号車のスシ24が5号車に、5号車のオハ25が6号車に変更され、

P1040035_3
改正前

P1040034
改正後

2号車に組み込まれていたオハネ25が編成後部に移されました。

 JR東日本のこの編成順は、北斗星が1往復となる平成20年まで、継続しました。

 3,4号は、5,6号と同様に

 2号車 オロハネ24
 3号車 オロハネ25
 4号車 オロネ25
 5号車 スシ24
 6号車 オハ25

が組み込まれ、12両編成になりました。

 編成の担当は従前どおり、北海道と東日本がそれぞれ1本ずつ担当しました。このため、JR北海道にもオハ25が登場しました。

 なお、1,2号の12両化は、平成2年7月改正からで、平成元年改正では上述の食堂車の編成順の変更があったのみです。

 その他、増発車両を補うため

P1040036
マニ50を改造したマニ24、

P1040037_2
オハ14を改造したオハネフ24 500番台

P1040039
オハ14を改造したオハネ24 500番台が登場しました。

P1040038
 オハネ25とオハネ24でどこが違うかというと、上が25、下が24です。

  次回は、平成2年7月1日改正から平成10年3月1日改正までの流れです。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

 

|

« 北斗星の編成 1 | トップページ | 北斗星の編成 3 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/55930346

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗星の編成 2:

« 北斗星の編成 1 | トップページ | 北斗星の編成 3 »