« C56とコントローラーの相性 | トップページ | Nゲージャーにとっての16番 »

富楠駅その後

P1040159
 ときどき思い出したかのように工作していた富楠駅。記事にするほど進展もないのですが、線路を敷設するところまできましたので、ちょっと備忘録です。

P1040154
 ローカルモジュールはTOMIXの線路を使用しておりまして、今回は線路に直接フィーダーを取り付けました。

P1040161_2
 TOMIXの線路を裏返すとレールに沿って金属がみえます。これにハンダ付けすれば通電するのかとおもいきや、その中の一か所、ボッチが出ているところのみ通電するのでした。

P1040155
 フィーダーを取り付けたところで、線路をつないでレッドブラウンを吹き付け、生乾きのうちにレール上面をシンナーでふき取り、通電不良の個所は、1200番のペーパーで磨いてストレスなく走るよう、調整しました。

P1040156_2
 富楠駅は、Y字ポイントの分岐側でギャップを切り、上り列車と下り列車が同時に富楠駅に向かって進行できるようにしてみました。

 C56も発売になったことですし、早く完成させたいものです。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« C56とコントローラーの相性 | トップページ | Nゲージャーにとっての16番 »

211 ローカルモジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/56048710

この記事へのトラックバック一覧です: 富楠駅その後:

« C56とコントローラーの相性 | トップページ | Nゲージャーにとっての16番 »