« GMの客車キットをKATO製品並みに仕上げる | トップページ | マニ35を組み立てる 2 »

マニ35を組み立てる 1

 組立にあたり、基本的寸法の確認をします。腰高、背高の原因が、オーバースケールなのであれば修正の仕様がありません。

P1040260
 まずは、KATOのマニ60。ニセコセットに入っている最近の製品です。側板の高さは15mm。

 しかして、マニ35は、・・・


P1040261
 若干大きいようですが、許容範囲内でしょう。これで組立にかかれます。

P1040262
 側板・妻板を切り出しました。側板上部に一か所ゲートが盛り上がっているところがありました。これをそのままにすれば、屋根が浮き上がること必至です。デザインナイフで大まかに削ったら直線が出るまでペーパーをかけます。

P1040264
 屋根のゲートは慎重に処理します。
 出っ張っているのはもちろん、削りすぎてもいけません。

P1040265
言うのは簡単ですがゲートは曲面に付いていますので、削れ具合を確認しながら1200番ペーパーをかけます。

 妻板の裏側、側板の裏側の床板を固定するリブは平刀で削り取ります。
P1040268

P1040263

 削り取ったリブの代わりに、
P1040270
2mm角棒を切り出して、

P1040273
新たなリブを設けました。車体すそから1.5mmのところに貼り付けました。

 GM客車の後方監視窓は縦長で、KATO製品と並んでしまうとしまりがありません。

P1040267
 エバーグリーンの帯材を切り出して、

P1040266
 窓をかさ上げしました。

P1040271
 キットのテールライトは、出っ張ったモールドだけですので、これは取り去って銀河パーツを使用します。

P1040272
 組み立てる前に0.8mmの穴を開けておきました。

P1040274
 同様にベンチレータの取付穴もあけておきました。

 ようやく車体を組む準備ができました。ここまでで4~5時間かかっています。時給換算すれば、キットを組み立てるよりも完成品を買う方が安いですね。

 次回は組立の模様をご報告します。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« GMの客車キットをKATO製品並みに仕上げる | トップページ | マニ35を組み立てる 2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/56181730

この記事へのトラックバック一覧です: マニ35を組み立てる 1:

« GMの客車キットをKATO製品並みに仕上げる | トップページ | マニ35を組み立てる 2 »