« 富楠駅その後 | トップページ | C56とC57 車高について »

Nゲージャーにとっての16番

 Nゲージのみならず16番をも楽しんでおられる方も多いと思いますが、それぞれに何を求めておられるのでしょうか。

 私の場合、Nゲージには鉄道全体を求めています。
 車両だけでも、レイアウトだけでもなく、ダイヤに基づく整然とした走行も含む鉄道システムといったらよいでしょうか。
 そして、鉄道は、時代と場所によってその姿を変えますから、その中からいくつかのテーマを選んで楽しんでいます。
 例えば1970年代の東北線。ヒガハスのモジュールを作成して、そのころの列車を整備し、当時のダイヤを調べ、整備した列車を走らせています。

 もちろん、そればかりでは飽きてしまいますから、鉄コレで楽しんだり、私鉄に頭を突っ込んだりもしますが、何でもかんでも手を出すことは控えて、いずれは一つのテーマに収束するような方向に手を出すようになっています。
 
 これに対し16番には、テーマを見いだせずにいます。


 Nゲージよりも大きいとはいえ、OJゲージのように1両だけ展示して絵になるほどの存在感はない。やはり、ある程度の車両を集合させて楽しむべきものでしょう。

 コレクションとしてケースに陳列するのも一つですが、走行派としては走らせて楽しみたい。
 かといって、限られたスペースではNゲージのような走らせ型は出来ない。

 工作のしやすいサイズですから、車両やシーナリーの作成をじっくり楽しむというのも一つですが、そういうふうには楽しんでいない。


 焦点のぼやけたまま手を出すものですから、Nゲージと同じような車両が集まったりしています。
 1970年代の東北線のことですが、中途半端な集まり方でまとまりがありません。

 いつのまにか、16番でも鉄道全体を求めた結果、破綻することになっていたようです。

 
 車両やシーナリーをじっくり作らないのは、工作力がないことが一番ですが、それにしても作りこめば作りこむほど線路幅に違和感を感じるから。そう思うのは私だけではないでしょう。

 Nの場合は走行優先で、安定した走りのためには線路の幅は妥協していますが、そのかわり作りこむようなこともありません。しかし、16番を作りこもうとすると・・・・・・

 いろいろと逡巡して、最近は13mmに移行しようかと考えています。
 鉄道全体ではなく、列車をテーマとし、一つの列車を作りこんでいく。少数精鋭で充実させる。そんな方向です。HOサイズなら、DCCを導入して光をコントロールするのもいいですね。


 いずれにしても13mmは完全な門外漢。まずはレールを用意するところからでしょうね。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 富楠駅その後 | トップページ | C56とC57 車高について »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
かつては私もNのみで楽しんできましたが、現在は主流が16番になっています。
Nは編成としてレイアウト風景の中を走らせるのが楽しいと感じ、16番では車両工作をする事が楽しく感じています。
個人の好み次第ですよね。
知っている方の中には財力に余力があるので16番の完成品を編成で購入し、年に数度の大きなレイアウトで走らせて楽しむ事を目的とする方もいます。

投稿: とと | 2012年11月 6日 (火) 午後 02時17分

テツモなんて所詮おもちゃですよ。現実の世界と、そして人との関わりほどおもしろいものはありません。

投稿: たく | 2012年11月 6日 (火) 午後 07時08分

ととさん、こんにちは。

正に個人の好み次第ですね。

私も線路の幅と折り合いをつけて、おおいに楽しみたいと思います。

投稿: e231green | 2012年11月10日 (土) 午前 08時59分

たく様、はじめまして

私は、ひとそれぞれだと思っています。

投稿: e231green | 2012年11月10日 (土) 午前 09時07分

玩具ではありますが、おもちゃではないですよ。

投稿: たけのこ | 2012年11月12日 (月) 午後 11時00分

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

投稿: グッチ キーケース | 2012年11月21日 (水) 午前 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/56053044

この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージャーにとっての16番:

« 富楠駅その後 | トップページ | C56とC57 車高について »