« 脱線撲滅 5 マイクロ115系のKATOカプラー化 | トップページ | TOMIXキハ45系 »

国鉄52系2次車横須賀色

 鉄道コレクションの流電2次車。
P1040493
 1977年ころの編成を模型化した横須賀色セットです。


 編成は、

P1040497
クモハ52003

P1040498
サハ75102

P1040499
サハ75103

P1040500
クモハ52005

の4両編成。例によって、各車両ごとに作り分けられています。
 
 
P1040494
 見どころは張り上げ屋根のクモハ52003。
 これぞ流電。1次車のときに満足感maxに至らなかったのは、普通の屋根に改造後の姿だからだと気付きました。
 同じ広窓でも普通屋根に改造された005には003ほどのワクワク感がありません。
 
 
 
 サハ75100は、サハ75を3扉に改造した車。

P1040504
 102は大型のベンチレータ、103小型ベンチレータ

P1040503
 台車も違います。


P1040505
 中間ドアの横にコック蓋がない車体。これくらいの違いなら車体は共通でも文句はありませんが、こだわってますね。幕板の青15号も張り上げ屋根の位置まで塗られています。

 ちなみに湘南色セットの中間車は、原型サハ75とクハ47100。サハ75は新潟色が、クハ47100はスカ色が欲しいところ。いずれ出てくるでしょう。
 
 
 
 
 反対側は普通屋根に改造された52005。もともと奇数向きだった車両を方転したので床下機器の配置は003と同じですが、
P1040501
 車体は普通屋根のほか、ジャンパ栓受けや、

P1040502
屋上のパンタ鉤外しも作り分けられています。

 005のパンタはPS13だったかもしれないと思い、写真を探しましたら、001と004がPS13でした。
 
 
 
 早速Nゲージ化しましたが、連結面間隔は一工夫しました。
 そのままアーノルトカプラーを付けるとサハ間が狭くなってしまいますので、75102の後部だけスベーサー小を取り付けて調整しています。クモハ-サハの間はそのままでOKでした。

 来月にはクモハ54+クハユニ56も出てきて、鉄コレの飯田線旧国も12種類になりますが、クモハ42やクハ68400、張り上げのクモハ53などネタはまたまだ豊富。ますますの充実を期待します。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« 脱線撲滅 5 マイクロ115系のKATOカプラー化 | トップページ | TOMIXキハ45系 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/56627825

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄52系2次車横須賀色:

« 脱線撲滅 5 マイクロ115系のKATOカプラー化 | トップページ | TOMIXキハ45系 »