« クモヤ90 | トップページ | KATOのすばらしさを再発見 »

KATO E6スーパーこまち

 昨日発売されたスーパーこまち。実車の営業運転開始日に合わせたようです。

P1040690
 製品は、吊り下げパックの基本セットとブックケースの増結セット。

P1040691
 基本セットは、11,12,17号車。必要最低限の構成で、これからNゲージを始めようとする人のために敷居を低くしてます。

P1040696
 増結セットは、13,14,15,16号車。もちろん、基本セットの車両もしまえます。
 例によって、フル編成にしたときに貼るシールが入ってます。

 常々思っていることですが、商品名をケースに印刷してしまうのはいかがなものか。TOMIXさんのように、差し替え可能なポケットにシートを差し込む方式の方がスマートです。
 まあ、シールが付くようになっただけましですが。

P1040692
 11号車のグリーン先頭車両。赤いボディはとてもきれい。実車はまだ見ていませんが、E5系と同様のフォルム。E6系では運転室横にヘッドライトが設置され、電車っぽくなりました。どうも運転室窓内のヘッドライトは好きになれません。

P1050711
 ヘッドライトは白色LEDが輝き、テールライトもはっきり灯ります。

P1050714
 E5系との併結は、連結器カバーを取り外す方式。E2系では実物のように開閉しましたが、いつの間にかTOMIX方式になっています。

P1050713
 連結間隔はこのとおり。実物同様の間隔でも問題ないと思うのですが・・・・

P1040693
 グリーンマークはもちろん、号車番号から行先表示まで印刷済み。すぐに走らせることができます。こだわりがなければこちらの方がありがたいですね。

P1040694
 12号車のこまちのマーク。美しく印刷されてます。

P1040695
 パンタグラフ。折りたためる構造になっています。ちょっとおもちゃっぽいですが、実車もこんなものなのでしょう。

 300キロ運転をするスーパーこまち。Nゲージでも時速2キロ、秒速556mmです。これだけ早いとスケールスピードで走らせる場所がありません。

 10mの直線区間でも約18秒で走り抜けてしまいます。すぐに曲線区間に入ることにになりますね。
 試しにN周回線を秒速556mmで走らせてみました。R282を安定して通過しましたが、その走りはまさにミニ四駆のよう。見ていて楽しくありません。

 新幹線は、R1000以上のゆったりとしたカーブのある貸レイアウトで走らせるものなのでしょう。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる


|

« クモヤ90 | トップページ | KATOのすばらしさを再発見 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/56970453

この記事へのトラックバック一覧です: KATO E6スーパーこまち:

« クモヤ90 | トップページ | KATOのすばらしさを再発見 »