« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

DD13 初期形

P1050160
 DD13の初期型が発売となりました。

 DD13は、入換用として、1958年から1967年にかけて、416両が製造されたディーゼル機関車です。首都圏では、品川や尾久で夜行列車の引き上げ、据え付けに行ったり来たりを繰り返しておりました。10年にわたって製造された機関車だけに、多くの設計変更が行われおりまして、模型的には今回の製品のようにヘッドライトが1灯の1~110号機とシールドビーム2灯の111~264,301~383,501~518,601~651が主な変更点になります。

 ちなみに2灯シールドビームタイプは30年以上前に製品化されておりますが、長らく再生産されていません。

続きを読む "DD13 初期形"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙石線40系をスカ色に 9

P1050155
 行先板箱と行先板を用意しました。

続きを読む "仙石線40系をスカ色に 9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石線40系をスカ色に 8

 屋根を塗り、ベンチレータを取り付けて、車体を組みました。
P1050152


続きを読む "仙石線40系をスカ色に 8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石線40系をスカ色に 7

 窓枠の塗装が解決したので、車体の塗装にかかりました。

P1050139
 まずは、窓周りにをクリーム1号を吹き付けて、マスキング。旧国はシル・ヘッダーが塗り分け線になるので、側面のマスキングは楽です。反面この車両は貫通扉周りに1Rの曲線の塗り分けがあり、これには難儀しました。結局三角形にマスキングして、タッチアップで対応することにしました。


P1050140
 つづいて青15号を吹き付けて、マスキングを外します。

続きを読む "仙石線40系をスカ色に 7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOMIXから103系原型

 冷改低窓103系を発売したTOMIXさん。

 103系といえばKATOさんがNゲージで最初に製品化した系列。40年前の造形のままに、KOKUDENシリーズとして今なお販売されております。

 TOMIXさんが冷改仕様を製品化したのは、KATOさんへの遠慮かとも思いましたが、


続きを読む "TOMIXから103系原型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石線40系をスカ色に 6

 本日は時間の関係で作業は出来ませんでしたが、窓枠の塗装が思いのほかうまくいったことで、かなり気をよくしております。

 40系スカ色は、新前橋電車区仕様としますが、その心は古き良き高崎の再現です。高崎については、何度も語っておりまして、またかという方もおられましょうが、まあ、お付き合いください。


続きを読む "仙石線40系をスカ色に 6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙石線40系をスカ色に 5

 サボ受けパーツの買い置きがなくて止まってしまった40系スカ色化を再開しました。

P1050134
 パーツはすぐに手に入ったのですが、一度勢いが無くなりますとなかなか再開できないのでした。

 ようやっと重い腰を上げ、もとの塗装を落とすことにしました。

P1050130
 いつものように、元の塗装の上にグレーを吹いてスカ色を塗るつもりでしたが、グレーが厚ぼったくなってしまい剥離のやむなきに陥りました。

続きを読む "仙石線40系をスカ色に 5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジオコレから給炭ホッパー?

 突然ジオコレから給炭ホッパー製品化が発表されまして、大喜びで見に行きました

 なんか変な感じ。

 線路方向に3つ給炭口が並んで、C57はテンダーだけでなく、キャブもボイラーも石炭の雨に打たれそう。

 これは、ひょっとして、炭鉱とかの鉱石積み込み用ホッパーでは?

続きを読む "ジオコレから給炭ホッパー?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたらせ渓谷鉄道 わ89型

P1050115
 鉄コレオープンパッケージのわたらせ渓谷鉄道わ89型登場時塗装。
 第15弾の塗装変更製品。動力ユニットは、TM-11Rです。

続きを読む "わたらせ渓谷鉄道 わ89型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷河特急ショートカプラーセット

 RhBの氷河特急の連結間隔を短縮するカプラーセットが発売になりました。

P1050090

P1050091
 中身は、幌12ケ、客車用カプラー12ケ、機関車用カプラー2ケです。
 カプラーは、RhBのバッファーに似せた形状で、密連型KATOカプラーのように、カプラー下のフックで連結するようになっています。バッファーに似せた形状ですが、表面に突起のあるのは止むを得ないところでしょう。
 機関車用は、柄が長くなっています。

P1050092
 幌は1/3くらいの厚さになっています。


続きを読む "氷河特急ショートカプラーセット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツのリサイクルで鉄コレをNゲージ化

先月の鉄コレは、遠州鉄道、静岡鉄道、富士急行、一畑電車でした。
当鉄道では、
P1050061
静岡鉄道

P1050062
遠州鉄道

P1050063
富士急行を導入しました。

続きを読む "パーツのリサイクルで鉄コレをNゲージ化"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全盛期の国鉄特急を撮る

 先月の雑誌の話題で恐縮です。
P1050076

 鉄道ファン誌に「全盛期の国鉄特急を撮る!」という記事が連載されています。
P1050077
 昭和43年から50年までの間の写真で、私にとってはど真ん中の時代ですので、毎月興味深く見ています。
 先月号は、昭和48年2月に上野から金沢に向かう途中で撮られた写真。

 新たな発見がありました。


 

続きを読む "全盛期の国鉄特急を撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »