« パーツのリサイクルで鉄コレをNゲージ化 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道 わ89型 »

氷河特急ショートカプラーセット

 RhBの氷河特急の連結間隔を短縮するカプラーセットが発売になりました。

P1050090

P1050091
 中身は、幌12ケ、客車用カプラー12ケ、機関車用カプラー2ケです。
 カプラーは、RhBのバッファーに似せた形状で、密連型KATOカプラーのように、カプラー下のフックで連結するようになっています。バッファーに似せた形状ですが、表面に突起のあるのは止むを得ないところでしょう。
 機関車用は、柄が長くなっています。

P1050092
 幌は1/3くらいの厚さになっています。


 連結面間については、購入時にいろいろといじっています。
 幌をキハ40用に代えたり、カプラーポケットを改造しています。はたして、今回のパーツがつくかどうか。


 まずは、幌から。

P1050093
 購入時には、一方の幌は製品のまま、反対側はキハ40用に交換して、

P1050094
 幌の間が空かないようにしていました。

 今回の幌に交換してみると、

P1050095
 こんな感じ。間隔があきますが、形状はこちらの方が好ましいので、すべて交換することにします。

 さて、問題のカプラー交換ですが、編成の中間に入る客車については、アーノルトカプラーを加工して、台車に接着してしまっていました。はたしてカプラーは交換できるのか。

P1050096
 まずは、編成端用にナックルカプラーに交換したものを、今回のものに変えてみます。

P1050098
 こちらも、カプラポケットに付いている突起を取っ払ってしまっていましたが、

P1050097
このようにセットして、かもめナックル用のふたをすることで交換することが出来ました。


 交換したカプラー同士で連結してみると、

P1050099
前よりも広がったような・・・・・

 アーノルトカプラーに細工をしたものと比べると、

P1050100
1mm近く広がっています。150Rを通すにはこれが限界なのでしょうか。
 広がるくらいなら交換しない方がよさそう。ということで、中間についてはそのままとしました。

続いて機関車。
日本の機関車と同じように、スカートを引き抜いてセットします。

P1050101
んー、かなり飛び出してしまいますね。

 客車用を取り付けたらどうでしょう。

P1050103
いい感じですし、

P1050104
客車との連結も問題りません。

 というわけで、カプラー交換は、機関車にも客車用を取り付け、編成の中間になる客車は交換しないということで落ち着きました。

 とはいえ、製品のままよりはかなり短縮されますので、お勧めできるパーツです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

  

|

« パーツのリサイクルで鉄コレをNゲージ化 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道 わ89型 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/57738198

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河特急ショートカプラーセット:

« パーツのリサイクルで鉄コレをNゲージ化 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道 わ89型 »