« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

いつごろのコンテナ? 2

 今日は涼しくなりました。このまま秋になってくれるといいですね。

 さて、多種多様なコンテナが活躍したそれぞれの年代を調べるシリーズの第二弾は、

P1050269
TOMIXのUC7型です。

 そもそも国鉄時代にカラフルな私有コンテナが存在していたのか、それすら良くわかりません。


続きを読む "いつごろのコンテナ? 2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三線式レンガ造り機関庫

 大宮にあった機関庫ではないかと思った製品が発売となりました。
P1050263

 定価2800円。安くはありませんが、これだけのものを自作することを考えれば、十分リーズナブルな値段でしょう。

続きを読む "三線式レンガ造り機関庫"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和の貨物列車 2

 いまでこそ、東北・高崎線でもEF66が走っていますが、昭和のころEF66は東海道・山陽筋の花形機関車でした。
 そのなかでも、1~20と901号機しかなかった昭和40年代は、花形中の花形で、10000系貨車の先頭にたって疾走しておりました。


続きを読む "昭和の貨物列車 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の貨物列車 1


コンテナの話の中で、黒貨車のことを書きましたら、昭和の貨物列車を走らせたくなりました。

続きを読む "昭和の貨物列車 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつごろのコンテナ? 1

 スユニ60は、塗装をはがしましたが、IPAはゴム系接着剤まで侵すようで、再度組み直しが必要です。乗務員ドアに不満もありましたので、少し時間をおいて再開しようと思います。

 さて、日本の産業を支える貨物列車ですが、貨物といえば、コンテナ車ばかりになってしまいました。

 1967年ころ、国鉄が貨物列車をコンテナ化するというのニュースがテレビで聞いて、線路際に見に行ったら黒貨車ばかりでがっかりした記憶があります。当時は小学生でしたので、コンテナ化計画が決定されても、完了するのはずっと先だと思う頭はなかったのです。

 実際のコンテナ化は、それから40年近くかかって実現したわけですが、コンテナ化されればされたで、黒貨車の時代を懐かしんでいるのですから、勝手なものです。

 さて、全盛となったコンテナですが、誕生から50年以上の歳月が経過していますので、既に鬼籍に入ってしまったコンテナもたくさんあります。

 国鉄やJR貨物のコンテナは、だいたいいつ頃のものであるかの見当はつきますが、私有コンテナとなるとかなりあやしい。

 模型のコキに、30年前のコンテナと現代のコンテナを混載していることもありえるわけで、知らずに走らせていてご指摘を受けたりしますと、実際の列車の再現をコンセプトとしている私としては、赤面の事態ということになります。

 そこで、手持ちのコンテナが使用されていた年代を調べてみようということになりました。

続きを読む "いつごろのコンテナ? 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KATO レジェンド581系 サウンドボックス

 KATOから581系が出るそうですね。

P1050228_2

 社長さんのJAMでの発表ビデオを見てましたら、1967年の登場当時の姿で製品化すると明言してました。

 ということは、モハネは581系のみで、サロなしの構成になります。

 私には、言外に、後続で583系を出すから「よんさんとお」以降の編成は、そちらで揃えてください、というふうに聞こえました。


続きを読む "KATO レジェンド581系 サウンドボックス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スユニ60を組み立てる 5 

 ハンダ付けに続き、塗装でも撃沈しました。

 金属面の脂分をシンナーで洗い、メタルプライマーを吹き付け、屋根にグレーグリーンを吹き、マスキングの上FARBEのブドウ色2号を吹き、窓を貼り付け、テールライトレンズを取り付けました。ここまでは順調に進んでいたのですが、

P1050224
インレタを転写して、台紙をそっとはがしたら、台紙が茶色くなり車体が金色に輝いていました。

続きを読む "スユニ60を組み立てる 5 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スユニ60を組み立てる 4

P1050216
 側板にドアを貼り付け、屋根にベンチレータを、床板に床下機器を取り付け、組立の準備が整いました。


続きを読む "スユニ60を組み立てる 4"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スユニ60を組み立てる 3

 昨年12月に撃沈したスユニ60。この休みに何とかしようと、ちょこちょこと手を動かしました。

P1050214
 はんだ付けのリトライはあきらめて、瞬間接着剤のお世話になりました。

P1050215
 後方監視窓を小さくしたり、妻板を延長したり、貫通扉の窓位置を高くしたり、マニ35での不満を解消する方向で手を動かしました。

続きを読む "スユニ60を組み立てる 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福塩線51系を青22号に 3

P1050206
 ナンバーを貼り付け、Nゲージ化しました。

 福塩51系を青22号にということで始めた軽工作ですが、もっともらしくなったのは、仙石からのクモハ54109になっていまうというお粗末な結果になりました。

 以下、反省点です。


続きを読む "福塩線51系を青22号に 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福塩線51系を青22号に 2

P1050180
 黄緑6号は3時間ほどで剥離したものの、青20号は半日くらいかかりました。

続きを読む "福塩線51系を青22号に 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福塩線51系を青22号に 1

P1050177
 仙石線40系が無事スカ色になりましたので、今度は福塩線51系を青22号に塗り替えようと思います。
ついでに、もう1セット購入した仙石線のクモハ54も青22号に。

続きを読む "福塩線51系を青22号に 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »