« 昭和の貨物列車 2 | トップページ | いつごろのコンテナ? 2 »

三線式レンガ造り機関庫

 大宮にあった機関庫ではないかと思った製品が発売となりました。
P1050263

 定価2800円。安くはありませんが、これだけのものを自作することを考えれば、十分リーズナブルな値段でしょう。

P1050264
 パッケージから部品を取り出してみたところ。
 機関庫本体は出来上がっていて、取り付けるのは天窓と床板、そして側窓の透明ブラバンだけです。

 20分程度で完成。
P1050265
 正面から。

P1050266
 側面から。

P1050267
 床面にはTOMIXの線路がぴったり合います。それにしても、三本の線路をポイントでつなぐと結構なスペースが必要になります。

P1050268
 横から見ますとこんな感じ。
 ポイントと機関庫の間はS280、さらに機関庫内にS280。固定するボードは900mm級になります。
 機関庫の規模に比して結構なスペースが必要です。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 昭和の貨物列車 2 | トップページ | いつごろのコンテナ? 2 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

三線式レンガ造り機関庫、気になっていて購入するかを迷っています。
やはり、SLには、こちらが似合いそうですね。

投稿: oomori | 2013年8月28日 (水) 午後 12時29分

返事が遅くなってしまいすみません。

SLは庫に入れたくなりますね。トーマスも扇形庫がねぐらでしたし。今回配線してみて結構なスペースが必要なことにびっくりです。扇形庫はターンテーブルでスペースを節約していることに気づきました。

投稿: e231green | 2013年10月29日 (火) 午前 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/58057217

この記事へのトラックバック一覧です: 三線式レンガ造り機関庫:

« 昭和の貨物列車 2 | トップページ | いつごろのコンテナ? 2 »