« 鉄道コレクション 長野電鉄OSカー | トップページ | 卓上シーナリー 2 ベースの作成 »

卓上シーナリー 1 構想

 しばらく更新をさぼっておりましたが鉄道模型までさぼっていたわけではなく、お手軽運転のシーナリーなどを作っておりました。

P1050386

P1050387
 まだ二個できただけですが、構想はまとまってきました。

P1010093
 そもそもなぜお手軽シーナリーかといいますと、2~3両編成程度の車両を走らせる機会が多くなってきたことに端を発します。鉄道コレクションシリーズ発展の賜物ですね。

 この程度の編成ですと貸レイアウトに行くまでもなく、家で手軽に運転したくなってくるのです。

P1010020
 以前、縦横無尽に走らせるプランを考えたことがありましたが、R140といえども相当のスペースが必要で、900×900というサイズになってしまいました。こんなもの、どこにしまうのか?という現実に頓挫してしまいました。

 小さく収納しながら、それなりの風景の中を走らせることはできないか。
 10~15両編成となると線路上に乗せるだけで一作業ですが、2~3両編成であれば、線路への据え付け、ケースへの引き上げはストレスなく行えます。単純なエンドレスで十分ということです。

P1040999
 やはり以前に、900×300のモジュールボードを利用してみましたが、、普通のNゲージの入線も念頭に入れると最急カーブはR280としたいところです。奥行き300ではまったく足りません。

P1010094
 こちらは誰でもやっているテーブル上のエンドレス。これだけなら、小さく収納することは可能です。

 ならば、小さくまとめたシーナリーを添えてあげれば良いのでは?
 コントローラーからシーナリーまで含めて引越用の段ボール箱1個に収めるのが目標です。

P1010095
 出来合いの駅だけでも、雰囲気が全然違います。
 これも小さくまとめたセクションにして線路際に置いていこうと思います。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 鉄道コレクション 長野電鉄OSカー | トップページ | 卓上シーナリー 2 ベースの作成 »

230 卓上シーナリー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
いつも楽しく拝見させていただいております。
卓上運転のシーナリー、これだけでもぐっと雰囲気が出ますね。
ベースに使用しているのはプラ板かスチレンボードでしょうか?

投稿: 快速みすず | 2013年10月27日 (日) 午後 07時51分

こんばんわ。

ベースについては、28日の記事にアップしました。必然的に薄くしなくてはいけないので、このあと、失敗談続出となります。乞うご期待。

投稿: e231green | 2013年10月29日 (火) 午前 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/58382676

この記事へのトラックバック一覧です: 卓上シーナリー 1 構想:

« 鉄道コレクション 長野電鉄OSカー | トップページ | 卓上シーナリー 2 ベースの作成 »