« 卓上シーナリー 3 林のシーナリー | トップページ | 2月のKATO予定品 »

卓上シーナリー 4 田んぼのシーナリー

P1050408
 田んぼのシーナリーです。


 林は、葉の連なりで奥行きが表現できましたが、田んぼは背景の表現で奥行きを処理するしかありません。今回はこれがテーマです。

P1050369
 林のシーナリーと同様に、ベースの下塗りを完了しました。

P1050370
 フラットホワイトで雲とかすみを表現しました。

P1050371
 フィールドブルーで、遠くの山を表現しました。

P1050372
 カーキドラブで、遠くの林を下塗りしました。

P1050373
 ダークグリーンを塗り重ねて、遠くの林を表現しました。少し離れればそれなりには見えるようになりました。絵心のない私にはこれが限界です。

P1050374
 近景の手始めは、背景の前に草を植えて接続部分を目立たなくします。

P1050375
 ジオコレの春の水田を使います。

P1050376
 ベースの形に合わせて切り出しました。ベースにあわせただけで遠近法を意識したわけではありませんが、結果的にそうなってしまったかも。

P1050377


 パウダーであぜ道を表現し、ボンド水溶液で固めました。

P1050378
 このままではさみしいので、野立て看板を設置し、農家の夫婦に登場いただき、白の軽トラックを停めました。それにしても農家の軽トラはなんでみな白いのでしょうか。

P1050383
 線路の反対側は、農機小屋と小さなビニールハウスを設置し、畑を農家のおじさんに耕してもらいました。

P1050379
 畑は1mm丸棒を畝にしてパウダーで覆いました。

P1050384
 出来上がりましたが、すでに不具合が・・・・・・

P1050403
 ベースの端が大きく反ってしまいました。どうやら、春のたんぼの周りに畦を作ったときにしみこませたボンド水が乾くときに、反りが生じてしまったようです。

P1050404
 しかたがないので、田んぼを引き剥がしました。

P1050405
 全部剥ぎ取りましたら、反りが治りました。

P1050407
 今度はポンド水ではなく、アクアリンカーを塗り重ねて畦をつくりました。

 ボードが反るというアクシデントはあったものの、製作時間は乾燥待ちも含めて1日でした。
 凝らなければ、週一ペースでできそうです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型にもどる

|

« 卓上シーナリー 3 林のシーナリー | トップページ | 2月のKATO予定品 »

230 卓上シーナリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/58461097

この記事へのトラックバック一覧です: 卓上シーナリー 4 田んぼのシーナリー:

« 卓上シーナリー 3 林のシーナリー | トップページ | 2月のKATO予定品 »