« 寝台特急 あけぼのの思い出 | トップページ | 高崎線の211系 »

185系200番台の軌跡

 先日、あけぼのについて書きましたが、3月改正では、185系200番台が高崎線の特急から引退するそうです。

P1050712
 現在のいでたちのEXPRESS185です。


P1050721
 185系200番台は、東北・上越新幹線の大宮開業にあたり、リレー号として使用するために登場しました。

P1050716
 そのころ、東京口の153系は取替え時期にあり、

P1050719
これを置き換えるために製造されたのが185系0番台でした。

P1050720
 一方、上野口の165系は153系よりも新しく、いまだ取り替え時期ではありませんでしたが、新幹線の乗客を運ぶリレー号には新車を導入することになったらしく、

P1050722
185系200番台が製造されたのでした。0番台は斬新な斜めストライプでしたが、200番台は一般的な帯でした。とはいえ特急用車両ですので、幕板に緑色のJNRマークがありました。

P1050723
 前述のように185系は新前橋区の165系を置き換えていったため、過渡期には185系+165系という編成も見られました。

 急行ゆけむり、草津、あかぎのほか、普通列車にも運用され、リレー号の運用が本格化すると、各急行は新特急水上、草津、あかぎとなりました。

 1985年、新幹線が上野開業を果たすとリレー号は御役御免となり、一部は田町に移って踊り子に活躍するようになりました。残った200番台が現在に至るまで、高崎線の特急を担ってきたわけです。


P1050728
 1994年にはシュプール号10周年を記念して2編成がフルフルカラーになりました。イラスト満載のデザインですが、

P1050729
これが結構マッチしています。10周年記念ということで、ワンシーズンで新特急色に戻されてしまいました。残念です。

 P1050724
 185系の普通車の座席は、0系新幹線のように背ずりを前後に倒して転換するものでしたので、リクライニングシートに更新することになりました。その際、塗装変更が行われて、エクスプレス185色になりました。ブロックパターンのグレー、赤、黄色のカラーは斬新なものになりました。高崎の115系が今なお湘南色で残っているように、群馬は保守的というイメージがあるのですが、それしては垢抜けた配色になったものだと思います。


P1050725
 一方、東海道線の185系0番台も同様の更新が行われ、同じく塗装変更がなされましたが、緑とオレンジの湘南カラーを踏襲しました。


P1050726
 2011年には、吾妻線に電車が乗り入れで50周年になるということで、80系の金太郎塗りを模した湘南色
にしたものが1編成登場しました。個人的には金太郎塗りよりも165系の様な塗りわけの方が似合うと思うのですが、いかがでしょう。

P1050727
 2012年には、157系を模した特急色が1編成登場しました。185系自体が157系の流れをくむ非貫通高運転台の前面なので、この塗りわけはよくマッチしています。


 2013年3月で田町所属の踊り子用185系は大宮に転属となり、エクスプレス185と共通運用になりました。このため、エクスプレス185も東海道線を走るようなりました。
 一方で、一部の編成からはグリーン車がはずされ、183系に代わって臨時・団体用として使用されています。

 引退後は、臨時・団体用となるのでしょうか。ちなみに高崎線の特急はスーパーひたち用だった651系が引き継ぐそうです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 寝台特急 あけぼのの思い出 | トップページ | 高崎線の211系 »

001 鉄道模景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/58868291

この記事へのトラックバック一覧です: 185系200番台の軌跡:

« 寝台特急 あけぼのの思い出 | トップページ | 高崎線の211系 »