« 鉄道コレクション第19弾 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 »

JR東日本103系仙石線旧更新色

P1060205
 103系の更新車両。仙石線の旧更新色。

 この塗りわけが登場したとき、鉄道ファンの記事で見て、品の良さを感じました。
 新更新色は、ラウンドハウスブランドで発売されましたが、こちらは始めての製品化。ということで、早速入線させました。


 

 編成は、クモハ、モハ、サハ、クハの4両編成。

P1060210
 クモハ103
 クハとともに、正面窓が2分割になり、運行窓が列車種別窓になりました。

 その他全車共通の更新工事として、客用扉窓の大型化、客室窓のユニット化がなされています。未更新車体ならオリジナルの103系に塗りなおすのですが、オリジナル車体とは結構違います。103系を製品化したTOMIXさんとしては当然のチョイスだとは思います。

P1060208
 モハ102

P1060207
 サハ103

P1060206
 クハ103 偶数向き専用の500番台です。
 
 塗膜がやや厚い感じなのが唯一の難点です。

 これまで、Nゲージ化するときは、動力ユニットなどに付属するアーノルトカプラを使用してきましたが、連結面間が開きすぎる場合がありました。貨車の連結間隔短縮の方法は鉄コレにも使えそうなので、試してみました。

P1060198
 カプラーは、製品についている簡易のアーノルトカプラーを使います。

P1060200
 カプラーの柄の途中に突起があります。この突起はそれ以上カプラーが引っ込まないようにするストッパーです。ストッパーより先をカットしてしまい、ストッパーをカプラポケットに押し込みます。

P1060201
 押し込んだところで接着剤で固定してしまいます。
 普通のアーノルトカプラーにスプリングが組み込まれているのは、自動連結や自動開放のためですが、そのためにカプラーが車体側に引っ込む構造になっていて、推進運転のときにも連結間隔が保てるように広めに設定されています。
 自動連結・自動開放しないのであれば、カプラーを接着してしまってもかまいませんし、連結間隔を狭くすることが出来ます。

P1060202
 103系の場合は、6mm間隔になりました。旅客車両ではまだ広すぎです。今後の課題とします。ただ、廃棄していたパーツの活用という意味では良かったと思います。

P1060204_2
 この前青22号化した105系とともに記念撮影。

P1060204
 オリジナルの103系も早く入線させたいところです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 鉄道コレクション第19弾 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/59379987

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本103系仙石線旧更新色:

« 鉄道コレクション第19弾 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 »