« JR東日本103系仙石線旧更新色 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 2 »

東海道全盛時代の急行列車

 Nゲージのラインナップは痒いところに手が届く充実振りですが、151系が疾走していたころの東海道線の列車となりますと、まだまだ穴だらけといった感じです。

 153系非冷房車、300番台ではない普通の80系電車、そして茶色の旧型優等客車。

P1060215
 もっとも、茶色の優等客車のうち、2等寝台はその昔マイクロエースが製品化していたのですが・・・


P1060229
 ナハネ11は、ブドウ色が暗めの1号で、1959年以前の車体表記がなされている一方、

P1060230
トイレ窓は近代化工事後の細長高窓となっています。製造当初のトイレ窓は大型で、細長高窓に改造されたのは冷房化されてオハネ12に形式変更された後の、1969年からだったそうです(鉄道ピクトリアル1999年4月号)。
 したがって、このモデルはトレイ窓を改造してブドウ色に2号に塗り替えるのが良さそうです。

P1060231
 ナハネフ10は、1959年以降の車体標記ではありますが、ナハネ11同様、ブドウ色か濃く、

P1060232
トイレ窓も細長高窓です。そもそもナハネフ10は、1963年からナハネ10の改造により登場した形式で、近代化改造前はナハネ11と同様のトイレ窓であったほか、

P1060233
ドアは開き戸でなく折り戸だったそうです。もっとも、折り戸は破損しやすく普通の引き戸に交換された車両もあったそうですので、折り戸必須というわけではありません。
 
 モデルは近代化改造の施された青15号の形態ということになりますが、ナハネフ10は、すぐに冷房化されてオハネフ12になってしまいます。
 したがって、このモデルは、トイレ窓とドアを改造してナハネ10に戻すのが良いようです。


P1060217
 オハネ17は、1962年から余剰客車の台枠を利用して製造れさた客車で、車体は近代的ですが台車がTR47であるのが特徴てす。こちらのトイレ窓は、登場当初から細長高窓だったようで、そのままブドウ色2号に塗り替えることができます。
 ただし、東北線用のオハネ17は、電気暖房化されて自重が重くなり、TR47台車ではオハネではなくスハネとなってしまうため、TR23をはいていました。
 ブルーの非冷房車は無かったとはいいませんが、1967年から冷房化されてスハネ16となるので、青い時代はそんなにながくありません。

 以上のとおりいろいろと問題のあるモデルですが、時代考証に一致する形態への改造はおいおい行うことにして、まずはブドウ色2号の2等寝台に塗り替えることにしました。

P1060218
 ブドウ色の方は、塗装をはがしてみました。およそ1週間水抜剤に浸して、最期は薄め液をふくませた綿棒で拭い取りました。長時間水抜き剤に浸したせいか、車体側面に細かな凹凸が生じてしまいました。

P1060219_2
 ブルーのオハネ17は、そのまま塗装することにしました。きれいに塗られた銀色の屋根も活かすことができます。

P1060221
 まずは、下地をグレーに吹いてから、車体をマスキングして屋根の銀を吹きました。

P1060222
 続いて屋根をマスキングして、

P1060223
 ブドウ色2号を吹きます。FARBEのものを使いました。

P1060225
 まずはオハネ17。

P1060227
 組み立てて、未塗装のものと比べると、やはり製品はぶどう色1号に見えます。

P1060228
 グリーンマックスのインレタで車体番号と寝台標記を、モリヤスタジオのシールでサボをそれぞれ貼り付けました。
 サボが付くと営業列車という感じになります。

 編成に組み込んで試運転です。
P1060240
 KATOのEF58小窓+オユ12

P1060236
 KATOのオロネ10とスロ60。オロネは緑の帯を入れると雰囲気が変わります。

P1060237
 今回塗り替えたナハネ11とオハネ17。
 1963年ころまでは、寝台急行はめずらしく、2等寝台は一編成に2,3両だったようです。

P1060238
 KATOのオシ17と10系座席車。KATOの塗り替え品は、20年くらい前にホビーセンターで売っていたKATO専用塗料を使いましたが、攪拌が足りなかったのか、赤っぽくなってしまっています。

 塗り替えは、よほど厚ぼったい塗膜の製品でない限り、そのまま下地のグレーを吹くほうが、早く、うまく出来るように思いました。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« JR東日本103系仙石線旧更新色 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 2 »

300 車両の工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/59416426

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道全盛時代の急行列車:

« JR東日本103系仙石線旧更新色 | トップページ | 東海道全盛時代の急行列車 2 »